音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
最新の医療紹介
KOMPASについて

ホーム > 検査の種類と注意 > 画像検査 > 泌尿器科領域の造影検査 > 逆行性腎盂尿管造影

逆行性腎盂尿管造影

ぎゃっこうせいじんうにょうかんぞうえい

概要

尿管、腎盂に結石や癌が疑われる場合、CT等でも診断が難しい場合に行われる検査です。
膀胱鏡を尿の出口から挿入し、尿管の膀胱への出口を確認し、カテーテル(細いストローのような管)を尿管に挿入して造影剤を注入する検査です。この検査によって尿管、腎盂の形状を詳しく調べる事ができます。

所要時間

30分から60分

検査を受ける前に

一般的には男性の方は入院して腰椎麻酔下に検査をします(男性は陰茎があるため尿道が長く、膀胱鏡を挿入するのに痛みが伴うため)。女性の方は入院せずに局所麻酔のみで検査をします(もちろんご希望があれば入院の上、腰椎麻酔とします)。入院しない方は、検査当日は検査予約センターで来院手続きをしてから検査室へお出で下さい。

  • 検査前日、事前に処方されます下剤を就寝前に服用して下さい。
  • 検査当日の食事は、検査前(午前の場合は朝食、午後の場合は昼食)は食べられません。少量の飲水は可能です。
  • 検査施行前には排尿を済ませておいて下さい。

検査の実際

  • レントゲン台で両足を開脚する姿勢(砕石位)をとります。
  • 尿道から膀胱鏡を挿入して検査します。
  • 尿管カテーテルの操作中痛みを伴う事があります。我慢出来ない痛みの場合にはその旨を教えて下さい。鎮痛剤使用の指示は医師から出されます。又、 緊張を緩和するよう、自然にゆっくりと口で呼吸して下さい。
  • 器械が挿入されているので、動かないようにして下さい。 尿意があれば知らせて下さい。

検査後の注意

  • 尿路感染の予防の為、飲水を励行して下さい。
  • 気分不快がなければ、食事制限はありません。ただし腰椎麻酔をうけた方は検査後3時間は水分もとれません。
  • 安静度は医師から指示が出されます。
  • 排尿時痛・排尿困難・血尿・腹部重圧感等が出現する可能性がありますが、これらの症状は一時的なものであり、心配はありません。症状が強く、継続する場合は、医師に伝えて下さい。外来の方は、電話で泌尿器科外来に連絡して医師に相談して下さい。
図

文責:泌尿器科学
記事作成日:2009年2月1日
最終更新日:2011年12月28日

▲ページトップへ

泌尿器科領域の造影検査

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院