音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
最新の医療紹介
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > こどもの病気 > 体表の先天異常の形成外科治療 > 頭蓋縫合早期癒合症

頭蓋縫合早期癒合症

とうがいほうごうそうきゆうごうしょう

概要

頭蓋骨は何枚かの板状の骨で形成されており、この骨と骨の繋ぎ目を縫合線と呼びます。頭蓋骨の成長はこの縫合線で起こり、各人の脳の大きさの成長に合わせて、頭蓋骨の容積を拡大できるようになっています。縫合線は、脳の成長が終わると自然に閉鎖します。この頭蓋縫合が早期に癒合した状態を頭蓋縫合早期癒合症と呼びます。早期閉鎖が起こる縫合線によって、それぞれ特徴のある頭蓋形態を呈します(図1)。

図1

さらに縫合は頭蓋骨だけでなく顔面骨にもあります。顔面骨の縫合も同時に癒合すると、かみ合わせや目の問題が起こります。また手足の問題を合併することが多くなります。これらにはクルーゾン症候群、アペール症候群、ファイファー症候群などがあります。

症状

早期癒合した部分は正常には育たないため頭蓋がゆがんだ形となります。その大きさが脳よりも小さいと脳の圧力が高まり、発達に影響を及ぼします。しかし頭蓋縫合早期癒合症があると必ず脳圧が高くなるわけではなく、また必ず発達に影響を及ぼすわけでもありません。こうしたことは今でもよくわかっていません。

原因

頭蓋縫合がなぜ、早く癒合してしまうのかは、まだよくわかっていません。一部の頭蓋縫合早期癒合症では、遺伝子の異常が見つかっていますが、これらの疾患との関連がすべて解明されたわけではありません。

治療

治療は、脳の発達障害と頭蓋の代償変形を予防する目的で、1歳以下での手術が望ましいとされています。手術方法は、骨延長術(MoD法)を基本としておりますが、症例に応じて従来法の頭蓋形成を行うこともあります。適応に関しては担当医にご相談ください。

【MoD法】
1999年より従来の"頭蓋骨延長法"の利点に加え、あらゆるタイプの頭蓋縫合早期癒合症に対しても適応可能な新しい頭蓋骨延長術を開発しました(Nakajima H, Sakamoto Y, Tamada I, Ohara H, Kishi K. Dynamic total skull remodeling by a combination of morcellation craniotomy with distraction osteogenesis; the MoD procedure. J Craniofac Surg. 22(4):1240-1246, 2011.)。本法は単に骨延長を行うだけでなく、本来あるべき頭蓋骨の形に戻ろうとする自身の力を利用するため、より自然な頭蓋形態を獲得できます。また退院後も他の方法のようにヘルメットを装着する必要がないため、見た目を気にする必要もありませんし、管理も容易です。そして本法はその有用性が認められ、2012年日本形成外科学会にて学術奨励賞を受賞しました。

【入院期間】
全頭蓋形成の場合、2週間ほどの入院が必要です。
MoD法の場合は、術後、1週間後ぐらいから少しずつ骨を伸ばしていき、目標となる延長量が得られるまで延長を続けます(通常2~3週間ほどです)。そのため全体としては1か月前後になります。そして延長終了後、骨が癒合するまでの数ヶ月間の待機を経て、再び入院していただき、延長器の取り外しを行います。入院期間は4日程度です。

慶應義塾大学病院での取り組み

当院では形成外科だけではなく、脳神経外科、小児科、麻酔科がチームを作り治療にあたっております。

頭蓋縫合早期癒合症についてご相談のある方は、まず下記外来にてご相談ください。
担当:坂本好昭(木曜午前・土曜午前)、頭蓋顎顔面変形外来(金曜午後)

さらに詳しく知りたい方への書籍とWebサイトの案内

慶應義塾大学医学部 形成外科 頭蓋顎顔面変形外来外部リンク

文責: 形成外科外部リンク
最終更新日:2014年11月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院