音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 検査を知る > こどもの検査 > 心理発達テスト

心理発達テスト

しんりはったつてすと

小児科には、身体の病気だけでなく、心身の発達や行動の問題や、幼稚園、保育園、学校での集団適応の悩みを持って相談にくるお子さんもいます。その場合、お子さんの症状や問題をより詳しく知るために、心理発達テストを行うこともあります。お子さんを正しく理解し、その特性にあった育児の応援をしたり、病院での診断治療をする上に役立てるためのものです。心理発達検査は、あくまでもヒントであり、それだけでお子さんのことが分かるものではありません。たとえば発達に遅れや問題がある時に、発達の遅れやアンバランスの程度や性質を調べ、お子さんの得意や不得意、能力のデコボコを見つけます。検査の後、そのことをお母さんやお子さんと話し合い、長所を伸ばし、苦手な面を周りに応援してもらう方法を考えます。

診察室で短時間に、お母さんのお話を聞きながら、5~7歳くらいまでのお子さんに行う発達検査には、遠城寺式乳幼児精神発達分析法、津守稲毛発達診断法や、日本版デンバー式発達スクリーニング検査があります。新版K式発達検査法は大人までできます。

詳しく行う乳幼児の心理発達検査に、Bayley乳幼児発達尺度、幼児期より大きいお子さんにはWPPSI、 WISC-III、田中ビネー式知能検査, K-ABC検査などの検査があります。これらは言葉と物の操作の力を調べ、言語性IQ、動作性IQそして総合IQをみることができます。またITPA(言語学習能力診断検査)は、言葉に関する検査ですが、見て、理解する言語の受容過程、考えを言葉や動作で表す表出過程、概念や言語を関連付けていく連合過程を検査します。

お子さんのつまずいている気持ちを見つけて、理解し適切な対応を考えていくための心理発達検査には、P-Fスタディ、SCTロールシャハテスト などがあります。お子さんに自由にありのままの気持を表現してもらい、心の中で自分や親について感じていることやイメージを理解し、気持をほぐしていくきっかけにしていきます。いずれの場合にも、お子さんは年とともに変わり成長しますので、必要があれば、これらの検査を1~2年ごとに行って、発達の伸びや変化をみていくこともできます。

文責: 小児科外部リンク
最終更新日:2018年2月26日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院