音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 肝臓と胆嚢とすい臓の病気 > 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)

ひあるこーるせいしぼうせいかんしっかん

概要

肝臓内に脂肪が蓄積した状態を脂肪肝と呼びます。多量飲酒者では脂肪肝が起きることが知られていましたが、飲酒歴のない人、またはほとんど飲酒しない人(男性 30g/日、女性 20g/日未満(エタノール換算))にも同様の脂肪肝が起きることがわかり、非アルコール性脂肪性肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease : NAFLD)と呼びます。この中には、肝臓内に脂肪沈着するのみの単純性脂肪肝と、線維化が進行し、肝硬変・肝がんとなる危険性のある非アルコール性脂肪肝炎(nonalcoholic steatohepatitis : NASH)があります。非アルコール性脂肪性肝疾患は単純性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝炎の総称です。脂肪が肝内に沈着する単純性脂肪肝の状態に、インスリン抵抗性、酸化ストレス、炎症性サイトカインなどの何らかの刺激が加わることで非アルコール性脂肪肝炎、肝硬変と進行すると考えられています。
非アルコール性脂肪性肝疾患の患者さんは人口の約3割いるとされており、非アルコール性脂肪肝炎はそのうちの約2割とされています。

非アルコール性脂肪性肝疾患の原因には、肥満、糖尿病、脂質異常症、高血圧といった生活習慣病のほかに、睡眠時無呼吸症候群、多嚢胞卵巣症候群、甲状腺機能低下症、下垂体機能低下症などの疾患、膵頭十二指腸切除術、空回腸バイパス術などの手術後の中心静脈栄養や薬剤(タモキシフェン、バルプロ酸、アミオダロンなど)などがあります。しかし、単純性脂肪肝から非アルコール性脂肪肝炎へ進展する直接の原因に関しては、インスリン抵抗性、酸化ストレスなど様々な影響が報告されていますがまだ定まったものはありません。

症状

単純性脂肪肝、非アルコール性脂肪性肝炎の段階に特徴的な症状はなく、無症状で経過することがほとんどです。肝線維化、肝硬変への進展に伴い、他の原因同様、全身倦怠感、掻痒感、黄疸などの症状がみられるようになります。

診断

非アルコール性脂肪性肝疾患の診断は、1)飲酒歴がない、またはほとんど飲酒がないこと(男性 30g/日、女性 20g/日未満)、2)肝生検による肝組織所見で①大滴性/小滴性脂肪沈着②炎症細胞浸潤③肝細胞の風船様腫大④肝小葉中心部における肝細胞周囲の線維化がみられること、3)ウイルス性肝炎や自己免疫性肝炎などの他の肝疾患ではないこととなります。非アルコール性脂肪肝炎には様々な分類がありますが、肝生検で①②に加えて③または④がみられるものとされています。また、近年は肝生検が体に負担がかかることから、体にやさしく簡便に肝線維化を定量化できる装置としてエラストログラフィが開発されています。その一つであるフィブロスキャンでは、肝臓の線維化と脂肪沈着の両方を同時に測定可能であり、非アルコール性脂肪性肝疾患および非アルコール性脂肪肝炎の診断に有用です。また、身体所見や採血結果を用いて非アルコール性脂肪肝炎が疑われる患者さんを選別するスコアリングシステムもいくつか報告されております。代表的なものとして、NAFIC スコア(フェリチン、空腹時インスリン、4型コラーゲン7Sを用いた指標)、NAFLD フィブロシススコア(年齢、BMI、糖尿病、AST/ALT比、血小板、アルブミンを用いた指標)、FIB-4 index(年齢、AST、ALT、血小板を用いた指標)があります。

治療

非アルコール性脂肪肝疾患の治療として大事なことは、単純性脂肪肝の患者さんは非アルコール性脂肪肝炎に移行させないこと、非アルコール性脂肪肝炎の患者さんは線維化の進行を抑え肝硬変・肝がんへと移行させないこととなりますが、現時点で確立された治療法はなく、第一に食事・運動療法です。減量は非常に有効です。糖尿病や脂質異常症、高血圧などを合併している場合は、それらの治療に伴って改善します。また、その他の薬物療法として抗酸化剤であるビタミンEや、胆汁酸を刺激物質とする核内受容体であるFXR作動薬のオベチコール酸が非アルコール性脂肪肝炎の改善に有効であると報告されています。その他、現在国内では線維化を改善する薬の治験も行われております。高度の肥満がある場合(BMI≧37など)は、外科治療として減量手術(腹腔鏡下スリーブ状胃切除)もあります。

文責: 消化器内科外部リンク
最終更新日:2016年9月6日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院