音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 消化器の病気 > 消化管間質腫瘍 (GIST)

消化管間質腫瘍 (GIST)

しょうかかんかんしつしゅよう

概要

消化管間質腫瘍(ジスト: Gastrointestinal stromal tumor)とは胃や小腸(大腸、食道は稀)など、消化管の壁にできる転移、再発を起こす悪性腫瘍の一種(肉腫といいます)で、粘膜から発生する胃がんや大腸がんとは異なる性質を示します(図1、2)。消化管の壁の筋肉の層にある、特殊な細胞(カハール介在細胞)が異常に増殖し腫瘍となったものです。

図1.がんと肉腫の違い

図1.がんと肉腫の違い

図2.消化管悪性腫瘍におけるGISTの位置づけ

図2.消化管悪性腫瘍におけるGISTの位置づけ

GISTは腫瘍細胞の細胞膜にあるKIT、またはPDGFRαという蛋白の異常が主な原因であることがわかっています(図3)。

図3.蛋白変異部位と頻度

図3.蛋白変異部位と頻度

この蛋白は、通常は特定の物質の刺激を受けたときにのみ細胞の増殖を促しますが、異常が起こると常に増殖の合図を出してしまうため、細胞が異常に増殖し続けてしまいます(図4)。これを放置しておくと、腫瘍がどんどん大きくなってしまいます。

図4.病気の原因

図4.病気の原因

症状

GISTは胃がんや大腸がんに比べて症状が現れにくく、また症状があっても軽度であることが多いため、診断が遅れ病気が進んでから発見されることも少なくありません。

診断

GISTの診断は、病理組織で実施します。内視鏡などで病変の組織を採取し、その組織を顕微鏡で確認し最終的な診断となります。

治療

GISTの治療では、基本的には手術が最も有効ですので外科手術を第一に検討します。手術は腫瘍の大きさ、症状の有無、増大傾向、リスク分類に応じて判定します(図5)。

図5.GISTの治療(手術)

図5.GISTの治療(手術)

完全な切除ができない場合には、分子を標的とした薬剤(イマチニブ)による治療が行われます(図6、7)。

図6.GISTの治療戦略

図6.GISTの治療戦略

図7.イマチニブの作用

図7.イマチニブの作用

日本では、2cm以上5cm以下のGISTに対して腹腔鏡手術が実施されることがあります。最大のメリットは開腹手術に比べて体にやさしいということです。

生活上の注意

  • まず、あわてないこと。冷静に主治医と相談して病気を学びましょう。
  • あせって行動せずに、ひとつひとつの治療をシンプルに丁寧に治療をつづけることが大切です。
  • 時にはセカンドオピニオンや患者会などを利用して、第三者の意見も参考にしてみることも考慮しますので、ご遠慮なくお申し出ください。
  • なお病気を「放置」してはいけません。信頼関係を築いた医師と必要に応じた治療や、適切な「経過観察」をおこない病気と長く、正しくお付き合いしていくことが良いでしょう。

慶應義塾大学病院での取り組み

<各領域の専門家の協力とチームワーク>

図8.慶應GISTチームの医療体制

図8.慶應GISTチームの医療体制

消化器内科

薬物療法は腫瘍センター医師や消化器内科・消化器外科医師を中心に適切に診療を実施します。常に最新のエビデンスと標準治療を意識したうえで、難しい医学用語をわかりやすく丁寧に説明します。

消化器外科

手術が必要な場合には、消化器外科を中心となり各診療科が協力体制のもとで安全な手術を実施します。

病理学

診断医は病理医と画像診断医が、常に協力体制を敷いておりますので安心して治療を受けられます。

さらに詳しく知りたい方へ

胃粘膜下治療に対する新しい治療 外部リンク(慶應義塾大学医学部一般消化器外科ホームページ)

文責: 消化器内科外部リンク
最終更新日:2016年8月3日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院