音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 肝臓と胆嚢とすい臓の病気 > 自己免疫性膵炎

自己免疫性膵炎

じこめんえきせいすいえん

概要

自己免疫性膵炎(Autoimmune pancreatitis:AIP)は、1995年に初めて提唱された比較的新しい病気です。IgG4関連疾患のひとつであり、日本人に多い疾患です。自己免疫による炎症で膵臓がソーセージのように腫れ上がり、中を通る膵管が細くなったり、胆汁の流れ道の胆管が詰まったりしてしまうことで目が黄色くなってしまうことがあります(黄疸)。血液検査ではガンマグロブリンやIgG、IgG4の値が高くなります。また、自己抗体が検出されたり、IgG4関連疾患(硬化性胆管炎、硬化性唾液腺炎、後腹膜線維症、腎症など)を合併することが時々あります。

症状

膵炎というと痛みが出る印象がありますが、自己免疫性膵炎はあまり症状が出ません。どちらかというと膵臓が炎症を起こして腫れ上がることで、胆汁の流れ道をふさいでしまい、黄疸になって見つかる方が半数です。背中の痛みや体重の減少、食欲不振、体のだるさなどの主訴から調べて見つかることがあります。また膵臓以外の臓器が炎症を起こして腫れることがあるため、合併症状から先に見つかることもあります。詳しくは、IgG4関連疾患をご参照ください。

図1.自己免疫性膵炎における膵臓の状態

図1.自己免疫性膵炎における膵臓の状態

診断

画像検査ではCT検査、MRI検査、超音波内視鏡検査が行われ、膵臓が炎症によりソーセージ様に腫大し、膵臓の周りに炎症に伴う被膜様の構造物がみられます。採血検査では、自己免疫性膵炎に特徴的なIgGやIgG4の上昇を確認します。EUS-FNA(超音波内視鏡下穿刺吸引法)を用いた膵臓の病理組織検査の結果で最終的な診断を行います。

治療

自己免疫性膵炎の治療にはステロイドが有効です。体重1kgあたりプレドニゾロン0.6mgの量、つまり50kgの方は1日30mgより治療を開始して徐々に減らしていきます。中止すると再発する患者さんが多いため、少ない量で治療を継続するのが一般的です。

生活上の注意

新しい疾患概念のためまだ確立したものはありませんが、改善した場合でも再び病状が悪化するという報告があるため、定期通院による経過観察を要します。普段の生活において特段注意する点はありませんが、長期の経過を経て慢性膵炎の状態となった場合には、慢性膵炎に準じた生活上の注意が必要となります。ステロイド治療をしている間は免疫力が低下するために、手洗いうがいを心掛けるなどの生活上の注意が必要です。

慶應義塾大学病院での取り組み

まだわからないことが多い疾患であり、当院では、自己免疫性膵炎の患者さんの診療情報を用いた前向き追跡調査研究を実施しております。前向き追跡調査研究とは、検査内容を詳細にデータとしてまとめ、自己免疫性膵炎の患者様の病態、治療の実態および長期予後を明らかにするのを目的として、経過を観察していく研究です。

さらに詳しく知りたい方へ

文責: 消化器内科外部リンク
最終更新日:2016年6月3日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院