音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 検査を知る > 画像検査 > MRI検査 > MRエンテログラフィー

MRエンテログラフィー

MRえんてろぐらふぃー

クローン病などの炎症性腸疾患が疑われた時に、小腸や大腸を対象として撮像するMRI検査です。小腸が縮んでいては情報が得られませんので、検査1時間ほど前から、腸に吸収されにくい液体を飲んでいただき、小腸や大腸内に液体が満たされた状態でMRI検査を行います。内視鏡センターと連携して、大腸内視鏡の前処置薬(下剤)を飲んでいただいた後にMRI検査をおこない、その後、内視鏡室に移動して大腸内視鏡検査を受けていただくことがあります。

MRI検査の途中では、肘や腕の静脈から、腸の動きを緩やかにするブスコパンという薬を入れた後、MRI用造影剤を注射して検査を行います。ブスコパンは、心臓疾患、不整脈、緑内障、前立腺肥大などがある方は使うことができません。また、MRI用造影剤に対するアレルギーをおこしたことがある方、腎臓の機能が悪い方、喘息にかかっている方は、造影剤が使えません。検査の前にも確認させていただきますが、該当される場合は、お申し出ください。また、ブスコパンを使った後は、瞳孔が開くため、使用後にまぶしく感じることがあります。自動車を運転して検査を受けに来ることは避けてください。

文責:放射線診断科外部リンク消化器内科外部リンク
最終更新日:2015年9月11日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院