音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 検査を知る > 画像検査 > MRI検査 > 条件付きMRI対応心臓ペースメーカとMRI検査

条件付きMRI対応心臓ペースメーカとMRI検査

じょうけんつきMRIたいおうしんぞうぺーすめーかとMRIけんさ

心臓ペースメーカは精密な電子機器であり、これまでは、ペースメーカを体内に埋め込んだ方は、MRI検査を受けていただくことができませんでした。最近、MRI検査を行うことができるタイプのペースメーカが登場し、利用可能になりました。当院は関係する学会が定めた施設基準を満たしており、安全に検査を行っていただくことができます。

ただし、「条件付き」とあるように、MRI対応であっても、そのままMRI検査を受けることはできません。MRI検査を依頼する医師は、MRI検査だけではなく、循環器内科・ペースメーカ外来の受診を同日に予約いたします。MRI検査前に、対応型であることを所定の手続きで確認し、検査直前にはペースメーカ外来で、MRI検査モードに切り替えていただく必要があります。また、MRI検査が終わったあとは、ペースメーカを通常モードに戻すため、再度、循環器内科・ペースメーカ外来にお戻りいただき調整を行い、正常に動作することを確認させていただきます。このように、MRI検査前後にペースメーカの調整を行わせていただく必要があります。

検査当日の手順や流れについては、検査予約の際にお渡しする「患者さんへの説明文書」をご覧ください。検査予約や検査を受けていただくときには、ペースメーカ手帳や登録カードを確認させて頂きますので、ご持参ください。また、MRI対応型であっても、製品によっては撮像範囲や撮像法に制限があるため、目的とするMRI検査が行えない、あるいは得られる情報が限定されることもあります。

文責: 放射線診断科外部リンク
最終更新日:2015年9月11日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院