音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 膠原病と免疫の病気 > サルコイドーシス(sarcoidosis)(リウマチ内科)

サルコイドーシス(sarcoidosis)(リウマチ内科)

さるこいどーしす

概要

サルコイドーシスは、特徴的な病変(非乾酪性類上皮細胞肉芽腫)が全身の様々な臓器に形成される病気です。
日本での有病率は7.5~9.3/10万人で、男女比はほぼ同じかやや女性に多い傾向にあります。好発年齢には男性は20歳代、女性は60歳代にピークがみられます。

サルコイドーシスの歴史は1877年Hutchinsonによる皮膚病変の記載が初めてですが、140年近くが経過した現在でも、いまだ原因は不明です。

症状

サルコイドーシスにおける病変は表在リンパ節、眼、皮膚、心臓、神経系、唾液腺など全身の諸臓器にみられ、あらゆる臓器に由来する症状が出現する可能性があります。場所としては肺や肺に近い縦隔のリンパ節に発生する頻度が最も高いとされていますが、肺の病変では無症状であることも多く、サルコイドーシスの発見の契機として肺のレントゲン写真などで発見される例が1/3程度あります。

症状から発見される場合としては霧視(ものが霧がかって見える)・羞明(ものが眩しく見える)・飛蚊(蚊が飛んでいるような異物が視界に見える)・視力低下(ものが見えにくい)などの眼症状で発見される場合が最も多く、次いで皮膚症状、胸部症状(咳や胸部の痛み)、倦怠感が多いとされています。その他に、発熱や唾液腺の腫れ、関節痛などの症状をきたす場合もあります。

心臓に肉芽腫が発生した場合には心サルコイドーシスと呼びますが、この場合には不整脈をきたし動悸や失神発作が起こったり、心不全をきたしたりします。心臓以外の臓器でサルコイドーシスと診断後、数年を経て心病変が明らかになる場合があり、そのため定期的に心電図、心エコー検査を行い経過観察する必要があるとされています。心サルコイドーシスについては循環器内科のサルコイドーシスも併せてご参照ください。

神経にも病変が発生する場合があり、この場合には病気が出来た場所によって様々な症状をきたす可能性があります。関節症状は発病の初期と、進展期にみられる場合があります。発病6カ月以内には比較的急性の多発関節炎が足、膝、肘、手指関節などに起きますが、数週間で軽快することが多いとされています。進展期には持続する関節炎、手の骨病変に伴う関節症状、指がソーセージの様に腫れることもあります。サルコイドーシスと一般に考えている症例の大部分は慢性に経過します。

診断

サルコイドーシスの診断において重要なのは下記の4点です。

  1. サルコイドーシス病変を強く示唆する所見・症状
  2. 病理組織検体における非乾酪性類上皮細胞肉芽腫の証明
  3. 全身反応を示す検査所見
  4. 他の病気の除外

この4つの組み合わせにより、診断がなされます。

3.「全身反応を示す検査所見」は、(1)両側肺門リンパ節腫脹 (2)血液検査でACE(アンギオテンシン転換酵素)活性の高値 (3)ツベルクリン反応陰性、(4)ガリウムシンチグラフィーにおける著明な集積所見 (5)気管支肺胞洗浄検査でリンパ球増加または割合の異常(CD4/CD8比高値) (6)血清あるいは尿中カルシウム高値 の6項目からなり、このうち2項目以上を満たした場合に「全身反応を示す検査所見」があると判断されます。これに加えて、サルコイドーシスでは全身の様々な臓器症状が出現する可能性があり、各臓器の症状に応じて検査項目が検討されます。

また、特に重要なのは4.「他の病気の除外」であり、サルコイドーシスによく似た肺、眼、皮膚、リンパ節病変を呈するBehcet病、Sjogren症候群、リンパ増殖性疾患などを慎重に除外することが必要です。

検査

血液検査では血清ACE活性高値、リゾチーム高値、血清・尿中カルシウム高値、高ガンマグロブリン血症がしばしばみられます。以前に陽性であったツベルクリン反応が陰性になることに代表される遅延型反応の低下はサルコイドーシスに特徴的であるとされています。

肺、リンパ節、皮膚筋、肝、眼瞼結膜、心筋、耳下腺、脳、脊髄、末梢神経、腎、骨、関節、胃腸などから組織生検が行われることがあります。

胸部X線、HRCT検査では肺門や縦隔のリンパ節腫脹と、上肺野中心のびまん性粒状影、斑状影と気管支血管束周囲の不規則な陰影と肥厚がみられます。

治療

サルコイドーシスの70%では予後良好で、発病2年以内に自然に病気が消退します。その他の場合には長期間に病変が残存し、一部では進行性かつ難治性となる場合もあります。

薬物治療を行う場合の中心的な役割を担う薬剤はステロイド薬ですが、ステロイドには副作用もあること、サルコイドーシスは自然に病気がよくなる可能性もあることを考慮し、ステロイドの全身性投与は持続的あるいは高度な臓器病変がある場合や難治性で進行性の病変がある場合などの限られた症例に、可能な限り短期的な使用にとどめることが望ましいと考えられています。ステロイドを治療に使用する場合の主たる対象は肺病変、心病変、神経病変と一部の眼病変、高Ca血症を認める場合です。治療前に認められた自覚症状、画像所見、検査所見、臓器障害が改善あるいは安定化し、維持量(プレドニゾロンで5mg/日程度)に減量した後に、3~6カ月の経過観察で再燃が認められない場合には終了も検討されますが、その後の再発もありえるため、慎重な経過観察が必要です。

ステロイド治療に抵抗性の場合にはメトトレキサート、アザチオプリン、シクロホスファミドやTNF-α阻害薬をはじめとする生物学的製剤の使用なども考慮されますが、いずれも保険適応はなく、その適応は慎重に判断されます。

生活上の注意

「症状」の項目でも記載の通り、心臓以外の臓器でサルコイドーシスと診断後、数年を経て心病変が明らかになる場合があり、そのため定期的に心電図、心エコー検査を行い経過観察する必要があるとされています。動悸などの症状が出現した場合には早めに主治医にご相談ください。

慶應義塾大学病院での取り組み

サルコイドーシスは全身の様々な臓器に病変が発生する病気です。当院では病変が出現した臓器に応じて、各臓器の専門科と綿密な連携をとりながら、サルコイドーシスの患者さんの診療にあたっています。

さらに詳しく知りたい方へ

難病情報センター サルコイドーシス外部リンク(公費対象)
慶應義塾大学医学部リウマチ・膠原病内科外部リンク

文責: リウマチ・膠原病内科外部リンク
最終更新日:2014年9月16日

▲ページトップへ

膠原病と免疫の病気

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院