音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 心臓と血管の病気 > 不整脈 > カテコラミン誘発性多型性心室頻拍(CPVT)

カテコラミン誘発性多型性心室頻拍(CPVT)

かてこらみんゆうはつせいたけいせいしんしつひんぱく

概要

カテコラミン誘発性多型性心室頻拍(略語:CPVT)は遺伝性の不整脈疾患で、1978年Coumelらにより4人の小児例が初めて報告され、1995年同グループにより多くの症例が報告されました。(文献1, 2)身体的および感情的なストレス(カテコラミン刺激)によって誘発される二方向性心室頻拍および多形性心室頻拍(図上段)を特徴とする比較的稀な疾患です。突然死のリスクが高い疾患ですが、有効な薬剤がありますので早期の診断および適切な治療が必要です。

症状

約30%の患者さんに失神および突然死の家族歴を認めます。身体的、感情的ストレスを契機に、失神や心停止をきたします。小児期から青年期の間に失神や心停止で発症するものが多く、平均発症年齢は7~10歳と報告されています。時として診断が遅れることがあり、青年以降または中年以降に診断される例もあります。

原因遺伝子と発生機序

CPVTは遺伝性の疾患ですが、原因遺伝子は2001年にPrioriらおよびLaitinenらにより心臓リアノジン受容体遺伝子(RyR2)が原因遺伝子として報告されました。(文献3, 4)このRyR2遺伝子によるCPVTには常染色体優性遺伝形式をとりますが、劣性遺伝形式をとるCASQ2変異によるCPVTも報告されています。(文献5)

CPVTの患者さんでは心筋細胞内の筋小胞体というカルシウムイオンの貯蔵庫からカルシウムイオンが漏れ出て、これに交感神経刺激が加わることによって、細胞内のカルシウムイオンがさらに増加して、不整脈を発生させると考えられています。

診断

問診

患者さんは運動したり興奮したりするときに失神発作を起こすことが多く、これまでの発作の状況を問診します。また血縁者の中にCPVTと診断されている方がいないか、若くして突然死した方がいないかなどを詳しく問診します。

心電図

安静時の心電図は正常ですが、一部の患者さんは軽度の洞徐脈がみられることがあります。

運動負荷心電図またはホルタ―心電図(下図参照)

運動負荷の増加に伴って心室性期外収縮が出現し(図下段)、やがて特徴的な二方向性心室頻拍に移行します。負荷をさらに続行すると、多形性心室頻拍を経て心室細動に至ることがあります。

図

薬物負荷検査

β(ベータ)アドレナリン受容体刺激薬(イソプロテレノール)の点滴によって運動負荷と同様の不整脈が誘発されます。

遺伝子検査

遺伝子検査によるRyR2遺伝子変異の検出率40~60%と報告されています。

治療

生活指導

個々の患者さんの状況に応じて運動を制限または禁止します。

薬剤

β(ベータ)遮断薬が第一選択となりますが、β遮断薬単独で効果が得られない場合は、カルシウム拮抗薬やナトリウム遮断薬(フレカイニド=商品名:タンボコール)を併用することがあります。

植込み型除細動器(ICD)

心停止を起こしたことのある患者さんや、薬剤によって不整脈が抑制されない患者さんは、ICD植込みをお勧めする場合があります。

予後

未治療では40歳までの死亡率が30~50%と高いことが報告されているため、早期診断をおこなって、適切な生活指導と薬物治療(場合によってはICD治療)を行うことが重要です。

慶應義塾大学病院での取り組み

当院ではカテコラミン誘発性多型性心室頻拍(CPVT)を含めた遺伝性不整脈患者さんの遺伝子解析を実施しております。通常は採血10ml程度の血液で主要な原因遺伝子の変異の有無の解析が可能です。費用については通常の診療費以外はかかりません。遺伝子解析を希望される患者さんは外来および入院主治医にお問い合わせください。

さらに詳しく知りたい方へ

参考文献:

  1. Coumel P, Fidelle J, Lucet V, et al : Catecholaminergic-induced severe ventricular arrhythmias with Adams-Stokes syndrome in children: report of four cases. Br Heart J. 1978;40(suppl):28-37.
  2. Leenhardt A, Lucet V, Denjoy I, et al : Catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia in children: a 7-year follow-up of 21 patients. Circulation. 1995;91:1512-1519.
  3. Priori SG, Napolitano C, Tiso N, et al : Mutations in the cardiac ryanodine receptor gene (hRyR2) underlie catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia. Circulation. 2001 Jan 16;103(2):196-200.
  4. Laitinen PJ, Brown KM, Piippo K, et al : Mutations of the cardiac ryanodine receptor (RyR2) gene in familial polymorphic ventricular tachycardia. Circulation. 2001 Jan 30;103(4):485-90.
  5. Lahat H, Pras E, Olender T, et al : A missense mutation in a highly conserved region of CASQ2 is associated with autosomal recessive catecholamine-induced polymorphic ventricular tachycardia in Bedouin families from Israel.Am J Hum Genet. 2001 Dec;69(6):1378-84.
  6. 日本循環器学会 循環器病の診断と治療に関するガイドライン外部リンク(医療関係者向け)
    心臓突然死の予知と予防法のガイドライン(最新版)を閲覧できます。
  7. 遺伝性不整脈  森博愛著 東京、 医学出版社、 2009

文責: 循環器内科外部リンク
最終更新日:2014年10月24日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院