音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 肺と気道の病気 > 胸膜中皮腫

胸膜中皮腫

きょうまくちゅうひしゅ

概要

胸膜中皮腫は、肺の外側や胸壁の内側をおおう膜(胸膜)(図1)から発生する悪性腫瘍(「がん」の一種)であり、その多くがアスベスト(石綿)吸引によると考えられています。アスベストは、建材(建築物)、摩擦材(ブレーキ)、パイプ材(上下水道管)、断熱材(ボイラー)などに広く使用されていますが、肺がんや中皮腫を発症する発がん性が問題となり、日本国内においては原則、製造・使用などが禁止されています。しかし、これまで大量に輸入使用された1970年から90年代の建築物の老朽化に伴い増加する解体工事などによるばく露により、今後も増加すると予想されています。

図1

図1

日本における中皮腫による年間死亡者数は1156人(2009年)であり、1999年の647人から約2倍近い増加を認めています(厚生労働省発表より)。アスベストばく露から、最短で20年前後、平均40年前後で発症すると言われ、高齢の患者さんが多いです。症状は、進行した場合には、胸部圧迫感や呼吸困難、胸痛などを自覚することがありますが、症状がなく検診でのレントゲン異常(胸水貯留など)で見つかることも多くあります(図2)。

治療は抗がん剤(シスプラチン+ペメトレキセド)、放射線、手術が、それぞれ単独または組み合わせて行われることがあります。高齢の患者さんでは無治療で経過をみることもあります。予後は、中皮腫患者さん全体での平均寿命は1年前後との報告がありますが、治療により、また、合併症により変化すると考えられます。治療費を含めた各種支援制度を使用できることがあり、中皮腫と診断された場合、労災保険や石綿健康被害救済制度の適応に関し主治医やケースワーカーと相談することが勧められます。

症状

症状がなく検診でのレントゲン異常(胸膜肥厚・胸水貯留など)で見つかることも多いですが、進行例では、胸の圧迫される感じ、息苦しさ・動いた時の息切れ、胸の痛みなどを自覚することがあります。

診断

胸膜中皮腫の多くがアスベスト(石綿)吸引によると考えられています。アスベストは、建材(建築物)、摩擦材(ブレーキ)、パイプ材(上下水道管)、断熱材(ボイラー)などに広く使用されているため、職業上、それらに関与する方は定期的に検診を受けるなどの注意が必要です(建築関係、水道工事、ボイラー作業、造船業など)。胸部レントゲン写真やCT写真で、胸水貯留(図2)や胸膜肥厚(図3)を認める場合に、胸膜中皮腫を疑ってさらに詳しい検査をすることがあります。

図2 胸膜中皮腫のレントゲン写真とCT写真(胸水貯留例)

図2 胸膜中皮腫のレントゲン写真とCT写真(胸水貯留例)

図3 胸膜中皮腫のレントゲン写真とCT写真(胸膜肥厚例)

図3 胸膜中皮腫のレントゲン写真とCT写真(胸膜肥厚例)

確定診断のためには、病理組織検査(腫瘍や胸膜の組織を顕微鏡で専門の病理医に見てもらう検査)が必要です。診断に必要な組織を採取するため胸膜生検を行うことが一般的です。胸膜生検は、超音波(エコー)やCTを使用しながら体の表面から直接針をさす方法や、全身麻酔で胸腔鏡手術や開胸手術を行い、やや大きな組織をとる方法があります。時に胸水の細胞診(細胞を顕微鏡で見てもらう検査)で診断がつくこともありますが、他の悪性疾患(肺がんなど)との鑑別が難しいことが多く、そのような場合、胸膜や腫瘍を生検してより多くの情報を得る必要があります。(「CTガイド下肺生検」を参照してください。)また、病気の広がりを調べるために全身のCT検査、PET/CT検査などを行い、病気の進行程度(病期)を決定し、病期に応じて治療法を検討します。

治療

治療は病気の進行程度(病期)により異なりますが、抗がん剤、放射線、手術がそれぞれ単独または組み合わせて行われることがあります。合併症や副作用が懸念される高齢の患者さんでは無治療で経過をみることもあります。病変が片側胸腔内にとどまる場合、合併症や肺機能が問題なければ、手術を考慮することがあります。片側の肺・胸膜、場合により横隔膜や心膜を含めて、完全に切除します(胸膜肺全摘術)。このような大手術でも完全に病変を取り除くことができないこともあり、放射線や抗がん剤を組み合わせて治療することもあります。

手術が困難な場合や、さらに進んだ状態の場合、合併症が問題なく副作用に耐えられる状態であれば抗がん剤治療が行われます。シスプラチン+ペメトレキセドの2剤併用療法が一般的な治療(標準治療)です。この治療は肺がんでもよく行われています。

生活上の注意

抗がん剤の治療を受ける場合には、一般的に感染症(かぜや肺炎など)に注意が必要です。免疫力が低下している時期には、人込みへの外出、生ものを食べることを避け、発熱や下痢などがあれば、適宜、担当医に相談する必要があります。
症状を無理に我慢することで体力を消耗することがあります。必要に応じて、息切れに対する酸素療法や、痛みに対する医療用麻薬を含めた痛み止め、咳止め、去痰剤(痰きり)などをうまく使うことで、体力を維持してできるだけ通常の生活を行うことを目標にしてください。
根治出来ない状態であっても、適切な栄養状態を保ち、適度の運動・リハビリをすることでより良い生活状態を長く保つことができると考えられます。
経済面に関しては、治療費を含めた各種支援制度を使用できることがあり、中皮腫と診断された場合、労災保険や石綿健康被害救済制度の適応に関し主治医やケースワーカーと相談することが勧められます。

慶應義塾大学病院での取り組み

標準的治療を積極的に推進しています。進行例の抗がん剤治療に関しては、専門スタッフ(がん薬物療法専門医、がん治療認定医)を中心に抗がん剤治療を安全に行うように会議をして治療方針を決定しています。
胸膜中皮腫の患者さんは高齢の事が多く、同時に他の呼吸器疾患や全身疾患を合併していることがあります。呼吸器内科・外科、放射線治療科、腫瘍センターの専門医による定期的な呼吸器クラスターでの症例検討や、合併症治療を含めた他の診療科との連携により、患者さんの生活の質を保つ治療を追求しています。がん患者さんのリハビリも積極的に行っております。

さらに詳しく知りたい方への書籍とwebサイトの案内

慶應義塾大学病院 呼吸器内科外部リンク
慶應義塾大学病院 腫瘍センター外部リンク
日本肺癌学会 各種ガイドライン外部リンク
日本肺癌学会 悪性胸膜中皮腫診療ガイドライン外部リンク
独立行政法人 国立がん研究センター がん対策情報センター(各種がんの解説 > 中皮腫)外部リンク
独立行政法人 国立がん研究センター がん対策情報センター(各種がんの解説 > 中皮腫 治療)外部リンク
独立行政法人 国立がん研究センター がん対策情報センター(がんの冊子 > 121.中皮腫(PDF))外部リンク
独立行政法人環境再生保全機構(石綿健康被害救済制度など)外部リンク

文責: 呼吸器内科外部リンク
最終更新日:2014年6月25日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院