音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 心臓と血管の病気 > 血管の病気 > 閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症

へいそくせいどうみゃくこうかしょう

概要

閉塞性動脈硬化症とは、種々の原因により動脈硬化が進み、動脈がつまったり、狭くなったりして症状が出現する病気です。高齢の男性に多く、食生活の欧米化に伴い、増加傾向であり、危険因子としては高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙、透析などがあげられます。症状は病変部位によって異なりますが、以下に閉塞性動脈硬化症が起きやすい下肢の症状を説明します。

症状

下肢の閉塞性動脈硬化症では、下肢の冷感や、歩くとふくらはぎのあたりが痛くなり、しばらく休むとまた歩けるようになる(間欠性跛行)というような症状がみられます。虚血の進行に伴い、安静にしていても下肢が痛むようになり(安静時痛)、さらに進行すると、潰瘍や壊疽が生じます(重症虚血肢)。

診断

身体的所見として、足の付け根から足先までの動脈拍動の触知を行います。また虚血による皮膚色調の変化(蒼白、チアノーゼ)を観察します。検査では、まず血圧脈波検査(ABI検査)を行います。ABI (ankle brachial pressure index)とは、足関節収縮期血圧/上腕収縮期血圧比のことです。両側足関節と両側上腕の血圧を同時に測ることによって、ABIを算出し、下肢動脈の狭窄・閉塞を評価しようとする非侵襲的な検査です。通常は下肢の血圧は上肢の血圧と同じか少し高いのですが、この比が0.9以下の時は、下肢の動脈に狭窄または閉塞が疑われます。

触診とABI検査で、下肢動脈に病変が疑われた患者さんは、下肢カラードプラ検査(超音波検査で下肢の血流を測定する検査)や、造影剤を使用したCT検査、MRI検査などで動脈病変部位を評価いたします。

治療

治療は病変部位や症状、患者さんの希望をききながら総合的に判断します。治療法には薬物療法、運動療法、カテーテルを用いた血管内治療、外科的バイパス手術などがあります。
また難治性の下腿潰瘍や足趾壊疽などの下肢病変に対しては、積極的にフットケア(専門の看護師が介助につき、足のケアのサポートを行うこと)を行っております。
閉塞性動脈硬化症に対する治療の1番の目的は閉塞性動脈硬化症のために血流が低下した部位に対する血流の回復です。今までは外科的バイパス手術により血流を回復しておりましたが、近年はカテーテルを用いた血管内治療の発達が著しく、今までは外科的バイパス手術のため全身麻酔が必要であったのに対し、局所麻酔で治療を行うことが可能となり、患者さんに対してやさしい治療として普及してきております。具体的には動脈硬化のために狭くなった病変部に、ガイドワイヤーという特殊なワイヤーを通し、それを介して病変部にバルーンカテーテル(風船)を送り込み、病変部を直接内側から膨らませます(図)。 また最近では、風船で病変部を膨らませた後などに、「ステント」という特殊な金属のつっかえ棒を内側に置き、更に成績が向上しています。

図

このように閉塞性動脈硬化症に対する血管内治療は、患者さんに対するやさしい治療として爆発的に普及してきておりますが、残念ながら現段階では全ての患者さんに適応することはできません。無理にこの治療を行うことにより様々なトラブルが生じることが報告されており、場合によっては不必要な下肢の切断に至ることもあります。これらの不必要なトラブルを避けるためには、外科的バイパス手術と血管内治療それぞれの長所と短所をよく理解し、患者さんの状態と病変部の解剖および性状をしっかりと把握したうえで、治療のプランを立てることが必要です。

動脈硬化があまりに進んでいると、動脈の状態が不良なため、血管内治療も外科的バイパス手術も不可能なことがあります。このような場合に期待されているのが、血管新生療法です。血管新生療法は、その名前の通り、血流が足りなくなっている部位で、新しい血管が成長してくるように血管新生を促す治療です。具体的には、血液中に含まれている血管新生を促す血管内皮前駆細胞を集めてきて、それを下腿など血流が足りなくなっている部位の筋肉に直接注射していきます。

生活上の注意

症状が出現するような閉塞性動脈硬化症の場合、全身の動脈硬化が進んでいることが多く、狭心症などの虚血性心疾患や、脳梗塞などを合併することが少なからずあります。これらの危険因子となる高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙、透析などの管理が重要であり、生活習慣の改善が必須です。特に喫煙に関しましては病状を進行させ、治療成績を悪化させるため絶対にお止めください。

慶應義塾大学病院での取り組み

当科では、血管外科の専門医が外科的バイパス術と血管内治療の両方を行っており、各々の患者さんに見合った適切な治療法を提供することを目指しています。常に全身の血管管理を念頭におき、他科とも連携しながら治療に取り組んでおります。また進行した閉塞性動脈硬化症による下腿潰瘍から糖尿病性の下腿壊疽など、重症の下肢病変に対するフットケアにつきましても、専門の看護師を中心に、複数の診療科で連携をとりながらフットケアチームとしてケアのサポートを行っております。より詳しい情報は外科血管班のHP外部リンクをご参照ください。

文責: 一般・消化器外科外部リンク
最終更新日:2012年2月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院