音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 検査を知る > 耳鼻咽喉科検査 > 平衡機能検査

平衡機能検査

へいこうきのうけんさ

概要

めまいの診断のために行う検査は、主に外来の診察室で医師が行うものと検査室で検査技師が行うものに分けられます。検査室で行う検査は当日可能なものと予約で行うものがあります。体の揺れを直接見る検査、眼の動きを見る検査、筋肉の反応を見る検査にわけられます。主に検査室で行う検査について説明します。

重心動揺検査(所要時間約10分)

からだの揺れの状態を見る検査です。重心動揺計の上で眼を開けた状態と閉じた状態で、それぞれ60秒立ったままでその動揺を記録します。そのパターンや開眼と閉眼の差を計測します。

眼振検査・電気眼振図(所要時間約1時間)

眼振検査はめまいの時に見られる眼の不規則な動きである「眼振」を調べる検査です。主に三半規管の検査です。その動きを記録するのが電気眼振図です。記録するために眼の回りにいくつかの電極を貼り付けます(図1)。眼の前の動く指標を目で追ったり、耳の中に水を入れた際の眼の動きを記録します。検査の時には部屋を暗くすることがあります。

図1.電気眼振図をとるための電極

図1.電気眼振図をとるための電極

自覚的垂直位検査(所要時間約10分)

平衡器である耳石器の機能を見る検査です。目の前にあるドームの中の10cmのバーを、ジョイステックを使って自分が垂直だと思う位置に合わせる検査です(図2)。ゲームみたいですね。

図2

図2

VEMP(Vestibular Evoked Myogenic Potential 前庭誘発筋電図)(所要時間約30分)

平衡器である耳石器の機能を見る検査です。ヘッドフォンから大きな音を聞いたときの首の筋肉の反応を筋電図で記録します。筋肉に緊張があった方が反応を記録しやすいため、できる範囲で筋肉を緊張させてください。

さらに詳しく知りたい方へ

文責: 耳鼻咽喉科外部リンク
最終更新日:2017年3月22日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院