音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 耳・鼻・のどの病気 > 副鼻腔炎

副鼻腔炎

ふくびくうえん

概要

鼻は、気道の入り口である鼻腔と、鼻腔に隣接する副鼻腔からなっています。鼻腔と副鼻腔は自然口という小さな穴で連絡しています。副鼻腔には、上顎洞(じょうがくどう:頬の奥)、篩骨洞(しこつどう:眼の内側)、前頭洞(ぜんとうどう:眼の上)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう:篩骨洞の奥)があり、これらの副鼻腔に炎症が起こることを副鼻腔炎といいます。

急性副鼻腔炎

かぜなどのウイルス感染に引き続いて細菌感染が副鼻腔に起こり発症することが多く、炎症の持続により副鼻腔内に膿がたまり、粘膜も炎症性の変化を起こします。

症状は、痛みと鼻閉、鼻汁です。かぜ症状が先行し、続いて膿性の鼻汁がみられますが、炎症の程度によっては発熱を生じます。また、炎症が起きている部位により痛む場所は異なり、上顎洞に炎症を起こした時には頬部の痛み、篩骨洞に炎症を起こした時には鼻根部の痛み、前頭洞に炎症を起こした時にはおでこの痛み、蝶形骨洞の炎症では頭痛や頭重感が特徴です。ごくまれに副鼻腔の炎症が眼や脳に及ぶことがあります。眼では視力の低下が起こったり物が二重に見えたりし、脳では強い頭痛や意識障害が起こります。

診断には画像検査が重要です。単純X線検査CT検査で炎症の起きている部位や程度を調べます。また炎症の原因である細菌を調べるために鼻汁から細菌の検査を行うこともあります。
治療は抗生剤に加え消炎鎮痛薬、排膿を促す薬剤などを使用しますが、経過によっては手術が必要となることもあります。

慢性副鼻腔炎

副鼻腔炎は急性期に適切な治療を行えば治癒することが多いですが、きちんと治療しなかった場合や感染を繰り返した場合に、慢性副鼻腔炎となります。

診断は単純X線検査やCT検査で行います。CT検査では病変の部位や程度、鼻腔の形態異常の有無を詳しく調べることができます。

細菌感染に引き続いて発症する慢性副鼻腔炎の治療は、マクロライド系抗生剤を通常よりも少ない量で長期間使用します。炎症を抑えて粘膜の状態を改善する目的で消炎酵素剤、粘液溶解薬を併用することもあります。このような薬物療法を数カ月行っても効果がないか、効果が不十分な場合には、内視鏡を使用して副鼻腔を鼻腔に開放する、鼻内副鼻腔手術を行います。

一方、鼻茸(はなたけ:鼻ポリープ)や粘稠性の鼻汁を伴った副鼻腔炎は、感染に伴う慢性副鼻腔炎に比べて治りにくいです。病変の場所や血液中の好酸球という細胞の多さによっては好酸球性副鼻腔炎と呼ばれ、手術をしても再発しやすく、ステロイドを内服すると軽快するという特徴があります。ステロイドをずっと内服すると様々な副作用が出るため、内服ステロイドだけではなく、鼻内副鼻腔手術とその他の薬をうまく組み合わせて治療を行います。気管支喘息を伴った好酸球性副鼻腔炎はさらに治りにくいため、気管支喘息の治療を行う呼吸器内科と副鼻腔炎の治療を行う耳鼻咽喉科双方で病気をコントロールすることが重要です。

慶應義塾大学病院での取り組み

保存的治療で軽快しない場合は積極的に鼻内副鼻腔手術を行っています。入院は約1週間で手術は全身麻酔下に行います。一側性か両側性か、病気の広がり、程度によって手術時間は異なりますが、おおよそ1~3時間です。手術後は鼻の中に詰めものをして出血を防ぎますが、術後4日程度で抜いて出血がなければ退院となります。軽症の副鼻腔炎の場合は日帰り、または1泊2日程度の局所麻酔による鼻内副鼻腔手術を行うこともあります。

さらに詳しく知りたい方へ

文責: 耳鼻咽喉科外部リンク
最終更新日:2017年3月22日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院