音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 眼の病気 > 黄斑疾患

黄斑疾患

おうはんしっかん

概要

片眼をつぶって、もう片眼だけで見た時に、ゆがんで見えたり、ぼやけて見えたりすることに気づくことがあります。そのような症状をきたす病気として黄斑上膜(おうはんじょうまく)や黄斑浮腫(おうはんふしゅ)があります。ここではその2つに関して説明させていただきます。

黄斑上膜とは

片眼だけで見た時に、ゆがんで見えたり、ぼやけて見えたりすることはありませんか。そのような症状をきたす病気の一つに、黄斑上膜があります。
眼はカメラのような作りをしています。光は水晶体と呼ばれるレンズを通り、網膜、もしくは眼底と呼ばれる、カメラではフィルムに当たるところに像を映します。黄斑上膜では、この網膜(眼底)上に膜が張ってしまい、網膜を引っ張って引きつれ(しわ)を作ってしまうので、網膜(眼底)に映った像がゆがんでしまい、上述のような症状を呈するのです。
黄斑部とは、網膜(眼底)の中心に当たる部分です。見るための細胞が最も密に集まっているところであり、視覚の感度が最も高いところです。黄斑上膜では、この中心部分の網膜の上に膜が張ってしまうので、見ようと思ったところが、ゆがんだりぼやけたりしてしまいます。この膜は網膜とは別のもので、通常は無いはずのものです。年齢とともに特別な原因なしに生じる特発性黄斑上膜が多いですが、ぶどう膜炎などの他の病気から引き続いて生じる続発性黄斑上膜もあります。

黄斑上膜の診断と治療

診断には、視力測定、眼底検査のほかに、OCT(光干渉断層法)の撮影が役立ちます。視力は、黄斑上膜による網膜の引きつれ(しわ)の程度を反映する指標として重要です。眼底検査では、黄斑部の網膜の上にある膜やそれにより生じた網膜の引きつれ(しわ)を観察します。これらに加え、OCTでは、網膜の断層像がとれます。OCTでは、膜の存在に加え、膜により網膜がどのくらい引っ張られているか、も見ることができます。

症状が軽度の時には、治療をしないこともあります。視力、眼底検査やOCTの所見を見ながら経過観察だけをすることもあります。しかし、だんだん進行して視力が落ちてきたら治療として、膜を除去する手術をします。硝子体手術といいます。手術では、まず強膜(白眼)のところから眼内に器具をいれて、硝子体を除去し、その後、網膜の上にある膜を除去します。硝子体とは、水晶体と網膜の間にあるもので、通常、大人では除去しても視機能に支障を来しません。慶應病院では、入院していただき、局所麻酔で、手術を行います。
手術の後は、すぐに見えるようになるとは限りませんが、時間をかけて網膜の引きつれ(しわ)がのびてくると、徐々に視力がもどってくる方が多くいます。その間、半年から1年くらいかかる人もいます。ただし、症状が進んでいるのに、長い間、膜をそのままにしておくと、膜を除去した後に網膜の引きつれ(網膜のしわ)が戻りにくくなってしまうこともあります。その場合、回復に限度がある場合もあります。

黄斑上膜は、手術により視力が回復する可能性のある疾患なので、上述の症状に気づいたら、なるべく早めに一度、受診することをおすすめします。また、似たような症状をきたす疾患に、加齢黄斑変性や黄斑浮腫などがありますが、その場合、治療法が異なりますので、診察を受けて診断をつけることをおすすめします。

黄斑浮腫とは

黄斑部(上述)に浮腫(むくみ)が生じることを言います。症状は、ぼやけて見える、ゆがんで見える、などです。
黄斑浮腫は、いろいろな病気から引き続いて起こることがあります。たとえば、網膜静脈閉塞症に伴う眼底出血の時、糖尿病網膜症の時、サルコイドーシスやベーチェエットなどに伴うぶどう膜炎の時などです。これらの病気で、血管からの水分の漏れが多くなると、網膜の浮腫(むくみ)として、発症するのです。

黄斑浮腫の診断と治療

診断には、視力測定、眼底検査のほかに、OCT(光干渉断層法)の撮影が役立ちます。 特にOCTでは、むくみにより網膜が厚くなっている様子がわかります。より詳しく調べるには、蛍光眼底造影があります。これは、造影剤を静脈注射して、造影剤が眼底の血管を流れる様子や漏れてくる様子を撮影する方法です。慶應病院では基本的に予約をとって、この検査を行っています。

黄斑浮腫の治療法にはいくつかあります。
まず、上述のような原因となる病気の治療が必要です。それにより浮腫(むくみ)がすぐに解消すれば、それでよいのですが、なかなか解消せず浮腫(むくみ)が続くと、だんだん網膜の神経が傷み、機能が戻らなくなってしまうことがあります。ここでは、そうならないようにすることを目的とした対症療法について説明します。
外来でできる方法には、ステロイドの局所注射があります。元来、ステロイドには局所の浮腫(むくみ)をとる働きがあることが知られています。そこで、比較的長い期間効果を持続するケナコルトというステロイド製剤を、結膜下(白眼のところ)に注射します。ときに、この薬のために眼圧が上がることがありますので、注射をしたら約一週間後に眼圧測定のために来院していただく必要があります。また、眼圧が上昇したら、そのための治療(主に点眼薬)をする必要が出てきます。
この方法で効果がない場合には、手術をすることもあります。硝子体手術です。入院の上、局所麻酔で行います。
いずれも、治療後直ちに見えるようになるわけではなく、時間をかけてゆっくり回復を待つ必要があります。発症から治療までの時間が長いと、回復に限度があることもあります。また、上述の黄斑浮腫の原因となる病気の状態によっては、再発を繰り返すことがあります。早めの受診をおすすめします。

文責: 眼科外部リンク
最終更新日:2011年12月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院