音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
最新の医療紹介
KOMPASについて

ホーム > 検査の種類と注意 > 心臓、肺、腎臓、脳、筋肉の機能の検査 > ヘッドアップティルト試験(Head-up tilt test)

ヘッドアップティルト試験(Head-up tilt test)

へっどあっぷてぃるとしけん

概要

医学的に突然、一時的に意識を失うことを失神と呼びます。Head-up Tilt Test(以下、ティルト試験)はその失神の原因をしらべるための検査の一つです。失神の原因の一つに自律神経の調節異常があり、ティルト試験は自律神経の調節異常がおこりやすいかどうかを確認する検査です。自律神経とは主に全身の血管や心臓の働きを調節する働きをもっている神経です。たとえば緊張した際に血圧が上がったり心臓の鼓動が速くなったりする際に働いています。

横になった状態から立った場合、血液は重力に従って足の方に移動します。しかしながら自律神経の作用で足の血管が収縮し、心臓の鼓動を速くすることにより、脳を栄養する血流が減少するのを防ぎ、通常は失神することはありません。しかし自律神経の調節異常がある場合には、血圧・脈拍の調節がうまくいかず、一時的に脳を栄養する血液が減少して失神が起こります。たとえば、学校の朝礼などで気分が悪くなって倒れてしまう場合や、採血の際など強い緊張を受けた後に失神してしまう場合、この自律神経の調節の異常が関与しているとされています。

ティルト試験では、患者さんに検査台の上に横になってもらい、検査台を起こして他動的に傾斜をつけることで自律神経の働きを検査します。

概要

所要時間

検査時間は1時間程度です。ただし薬物を投与して失神を誘発する検査を行う場合がありますので、その場合にはもう少し時間がかかる場合があります。

検査を受ける前に

検査は午前中に行うことが多いですが、検査中に気分が悪くなってしまう場合がありますので、前日夜もしくは検査前の数時間は食事をとらないようにしていただきます。

また、内服薬に関しては特に血圧を下げる薬などは検査の結果に影響することが多いので、中止することもあります。しかし、薬を飲んだ状態での評価が必要な場合もありますので、内服薬に関しては必ず主治医に確認するようにしてください。

検査の実際

  1. まず点滴を行います。点滴の中身は電解質を調整した水分です。点滴の第一の目的は、検査中に血圧が下がりすぎたときなど、万が一のときにすぐに治療をするための薬の投与経路の確保です。また、点滴から薬を投与して失神が起きるか確認するときのために必要です。点滴は検査中継続して行います。
  2. 次に検査台の上に横になってもらい、血圧計や心電図などのモニター類を装着します。
  3. その後検査台が起き上がるので、それに身を任せるように起立します。自分で足踏みしたり体勢を変えたりはしないようにしてください。
  4. 血圧を繰り返し計測し、失神の兆候がないかどうかを判定します。気分が悪くなったときや、失神もしくはその前兆を自覚した場合にはすぐに申し出てください。
  5. 一定時間計測が終了、もしくは失神の兆候が認められれば検査は終了となります。ただし検査で症状が出なかった場合には、失神を起こりやすくする薬剤を使用して再度検査を行うことがあります。

検査後の注意

検査中に血圧が低下する場合がありますので、気分が悪くなることがあります。そのような場合、横になれば症状が改善する場合がほとんどですが、検査終了後も不快感が残っていたり、めまいを感じるような時には必ず申し出てください。

文責:内科学(循環器)
記事作成日:2009年2月1日
最終更新日:2014年9月18日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院