音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 検査を知る > 内視鏡検査 > 上部消化管内視鏡

上部消化管内視鏡

じょうぶしょうかかんないしきょう

所要時間

予約時間から平均1時間程度(予約混雑時は2時間弱)
検査自体は15分ほどですが、前処置と検査時に鎮静剤をつかうことがありますので完全覚醒してから内視鏡センターを離れていただくため。

検査を受ける前に

検査の前夜の夕食は夕方9時ごろまでに、いつもより少なめにとってください。根菜類やネギ・白菜などの繊維の多いものは細かくなるまで噛むとよいでしょう。
アルコールもできれば避けてください。
当日の朝は、何も食べないようにします。

脱水予防のために少量の水(水道水やミネラルウォーターであればよいでしょう)は検査の数時間前でなければかまいません。
朝の服薬も医師の指示に従ってください。必要なお薬は飲んでもかまいません。

当日は締め付けの少ない衣類でいらっしゃっていただき、保管場所が小さいので手荷物を最小限にしていただけると助かります。

検査の実際

図1.慶應義塾大学医学部内視鏡センター

図1.慶應義塾大学医学部内視鏡センター
内視鏡センターは1号館5階にあります。

内視鏡センターでは胃をきれいに見えるようにする薬を最初に飲みます(消泡剤)。
つぎに内視鏡(スコープ)を飲みやすくするために、のどの奥を麻酔します。しっかりとのどの奥に入れてがらがらとすると挿入時のつらさが軽減します。麻酔のアレルギーの疑いがある方はかならず申し出てください。

体をしめつけるものは、できるだけはずして、リラックスしてください。
上着は脱ぎ、メガネや入れ歯をはずし、ベルトはゆるめます。

検査室では図2のように真横を向き、のどの麻酔をスプレーで追加します。次に鎮静剤や胃の動きを押さえる薬を打つため針を刺します。静脈の針は検査終了後に抜去します。

図2

図2
(図2、3はおなかの健康ドットコム外部リンク(オリンパス社)より許可を得て転載)

内視鏡(スコープ)はムリに飲み込もうとせず、医師の指示に従って軽い気持ちで飲み込みます。咽喉を通ったら、ゆっくり静かに「腹式呼吸」をすると、検査は楽に受けられます。
全身の力を抜いてゆったりした気持ちで受けましょう。しゃべったり、咳をしたり、つばを飲み込むとかえって辛くなりますので、お気をつけください。つばは口の横から垂れ流すようにするとよいでしょう(図3)。
検査は10~15分ほどで終わります。

図3

図3

検査後の注意

検査が終わっても、咽喉の麻酔は30分くらい残っています。すぐにうがいなどはしないでください。鎮静剤を使った場合には2~30分から1時間ほど楽にしてお待ちください。

飲水、食事は検査終了1時間後までお待ちください。
組織やポリープをとった方は、刺激のある食事、飲酒、コーヒーなど 2~3日は避けて下さい。
当日のお風呂はできるだけ避け、シャワー程度にとどめて下さい。
当日の激しい運動は、おやめ下さい。

図4

自動車の運転はしばらく見合わせてください。階段などもお気をつけください。

貧血の症状(くらくらしたり)、黒い便が続く、薬があわなかったような反応が出た、などの症状があるときには検査を予約していただいた科(または、診察ができませんが内視鏡センター)に御相談ください。

また、全国統計にもありますが、少ない確率ではあるものの、組織をとったり、ポリープなどを切除した後に出血や穿孔などの合併症が避けられません。また、鎮静剤や麻酔剤と合わない体質の方もまれにいらっしゃいます。そのような場合にはご自身の負担で入院や緊急の処置・手術が必要になることがあります。

イラストの一部は「おなかの健康ドットコム外部リンク」より許可を得て使用しています。

集合写真

文責: 内視鏡センター外部リンク
最終更新日:2016年11月25日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院