音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 検査を知る > 歯科口腔外科検査 > 口腔内細菌検査

口腔内細菌検査

こうくうないさいきんけんさ

概要

人体に害を与える微生物の中で最も多いのが細菌です。細菌が体内に侵入して感染が成立すると、発熱などの反応が現れます。こうして感染が生じた臓器の分泌液や血液、口腔内から細菌を採取し、検出する検査のことを口腔内細菌検査といいます。

所要時間

時間は必要としません。

検査の実際

  1. 口の中を軽くゆすぐ。
  2. 図1のような綿棒で口腔内を拭う。
図1

図1

慶應義塾大学歯科・口腔外科で行っている細菌検査

  1. 細菌の検出(う蝕と歯周炎は、口腔内細菌による感染症です。これらの感染症において原因となる細菌を同定、検出することで、治療方針を決定し、また病気の状態を把握します)。
  2. 膿瘍(膿の溜まった所)から菌を同定、検出します。そして感染症を診断し、抗生物質による治療方針を決定します。
  3. 口腔カンジタ菌の検出

細菌検査の目的は感染菌を正確に把握することですが、口腔内は常在菌の種類も多く、菌数も多いため混入しやすく、検出できない場合もあります。その場合には、繰り返し検査することが必要となります。

文責: 歯科・口腔外科外部リンク
最終更新日:2018年3月1日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院