音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 検査を知る > 組織検査 > CTガイド下肺生検

CTガイド下肺生検

CTがいどかはいせいけん

概要

CTガイド下肺生検とは、実際にCT装置で身体の断面像を見ながら肺の病変部に生検針を刺して組織を採取する検査です。採取した組織を病理、細菌検査などに提出し、治療方針の決定に役立てます。原則として気管支鏡で見えにくい病変や、気管支鏡でうまく組織が取れなかった場合に行います。

所要時間

約1時間

検査の実際

  1. 検査は2泊3日の入院で行います。
  2. CT検査台に寝ていただき、病変の位置に合わせた体位をとります。うつ伏せになって頂く場合もあります。皮膚を消毒後そのままの姿勢で滅菌された布を被せます。検査中はなるべく手を出したり、動いたりしないで下さい。
  3. 針を刺す位置に局所麻酔をします。麻酔時にチクッとする感じがありますが、後は痛みは無いはずです。押される感じは残ります。
  4. CTを撮影して病変の位置を確認しながら針を刺して組織を採取します。
  5. 消毒薬や麻酔薬にアレルギーのある方はお申し出下さい。また検査中、痛み・吐き気・足のしびれ・気分不快などがありましたら、遠慮なく医師や看護師にお知らせ下さい。

検査後の注意

  1. 検査後は、針を刺した場所からの出血を防ぐ為、大きな絆創膏で圧迫することがあります。
  2. 検査後病棟に戻り、約3時間安静を保って頂きます。
  3. 食事やシャワーや入浴は病状によります。医師に確かめてから開始になります。
  4. 痛みや気分不快がありましたら、看護師にお知らせ下さい。

合併症

CTガイド下肺生検に伴って、合併症が起きることがあります。軽症の合併症としては気胸(軽いものは約40-70%、チューブを挿入して空気を抜く必要があるものは約2-5%)、血痰などがあります。まれですが、生命にかかわる重度の合併症が起きることがあります。具体的には、空気塞栓症(くうきそくせんしょう)(肺の空気が血管内に入り脳梗塞や心筋梗塞を起こす、0.061%)、悪性細胞の播種(はしゅ)(病変が悪性だった場合に針を刺した穴を伝って悪性細胞が広がる、0.061%)、緊張性気胸(重度の気胸が起きて呼吸困難になる、0.1%)、肺出血(肺の中に多量に出血し、気管や口にも血液が溜まり呼吸困難になる、0.05%)、血胸(肺から胸腔内に多量に出血する、0.092%)が報告されています。以上のような合併症に対して、担当医の他、各専門科が迅速に対応できる体制を取っています。なお、合併症に対する治療費は、患者さんご本人の負担となります。

図1

文責: 呼吸器外科外部リンク
最終更新日:2014年8月6日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院