音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 検査を知る > 眼科検査 > OCT (光干渉断層計)検査

OCT (光干渉断層計)検査

OCT(ひかりかんしょうだんそうけい)けんさ

概要

OOCT検査とは、近赤外光を利用して網膜の断面像を得ることのできる検査です。患者さん自身にほとんど負担をかけることなく眼底の断面図をミクロンレベルで繰り返し撮影することが可能な、非常に画期的な検査です。加齢黄斑変性、黄斑円孔や網膜浮腫などの網膜疾患の診断や術後評価に大変有用です。緑内障や前眼部疾患に特化した機種もあります。特にOCTのミクロンレベルの解像度データは緑内障の治療効果判定や経過観察において信頼性のある判断材料になります。

所要時間

5~10分

検査の実際

  1. 機械のあご台にあごを載せます。
  2. 表示された機械の中の点をじっと見つめ、目を動かさないでください。
  3. 検査が修了したらあごを台から外します。

文責: 眼科外部リンク
最終更新日:2018年2月20日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院