音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 口と歯の病気 > 顎変形症

顎変形症

がくへんけいしょう

顎変形症とは

下顎あるいは上顎が前に伸び過ぎていたり、逆に顎が小さいために上下の歯の噛み合わせが大きくずれた状態、あるいは顎が非対称であり歪んでいるために噛み合わせに問題のある状態をいいます。このため食物を噛み砕く効率が著しく低くなっているばかりか上下の歯の間に隙間が多いことから発音も不明瞭となりがちです、まさに「歯切れが悪い」状態といえます。さらに顎の非対称の場合は左右の筋肉バランスに不調和をきたして顎の関節の病気や肩こりの原因となることもあります。また下顎が小さい患者さんでは睡眠時無呼吸症候群を伴うこともあります。また、こうした機能障害だけでなく顎の変形を伴った容貌に対し一人深く悩んでいる事も少なくありません。小さい子供のうちは歯の矯正で対処できることもありますが、成人してからは矯正治療だけで治療することは難しくなってきます。しかし現在ではこのような方々に対して、矯正治療に手術を組み合わせることで治療することが可能になっています。こうした治療方法を外科的矯正治療といいます。この治療は口腔外科と矯正歯科が一緒に治療方針を検討した上で、連携をとりながら治療を進めてゆくチームアプローチが欠かせません。

外科的矯正手術は患者さんにあった適切な方法(矯正治療と手術との組み合わせ方法など)を探すことが大切です。当科では決して見かけだけの改善に終わることなく、顎顔面の持つ重要な機能の調和を目指して、患者さんとともに治療法を模索し、最良の結果が得られるよう努力しています。(写真1)

写真1

写真1

診断

顎変形症の診断には歯形を採取し、模型上での噛み合わせの診査や頭部X線規格写真による骨格の計測、パノラマX線写真による歯とその周囲組織の診査、さらに顎骨の三次元的形態把握のためにCTスキャンの撮影をします。顔の側面および正面写真による軟組織の形態診査などを行います。こうした診査の結果、顎変形症は以下のように分類されます。

  1. 骨格性下顎前突症
  2. 骨格性下顎後退症
  3. 骨格性上顎前突症
  4. 骨格性上顎後退症
  5. 骨格性開咬(上下の歯が奥歯もしくは前歯だけが接触する状態)
  6. 下顎非対称

治療

外科的矯正治療は図1のよう進みます。治療計画は口腔外科医と歯科矯正医が連携し、患者さんに合わせた治療方針を立てた上で治療を開始します。手術前の矯正治療期間は概ね6ヶ月から2年程度です。手術は全身麻酔で行ない、当院の場合、手術時間は下顎だけの場合は平均2時間前後、上顎も同時に行う場合は3時間半前後です。入院期間は8日から11日程です。手術後2ヶ月ほどしてから矯正治療を再開します。期間は6ヶ月から1年程度を要します。良好な噛み合わせとなったらこれを維持するために保定装置を作製、もしくは装着します。

なお、顎変形症と診断されて、外科矯正治療を行う場合、術前および術後の矯正治療および入院、手術費用は健康保険の適用になります。しかし、矯正治療を保険外の自由診療で行った場合は入院手術についても保険の適応外となります。

図1

図1

外科的(顎)矯正手術

顎変形症に対する手術には大きく分けて二つあります。上顎骨、下顎骨といった骨全体を手術で前後、上下、左右に移動したり(骨切り術と呼びます)、歯を含む骨の一部だけを切って動かし、噛み合わせと容貌を正しく整えるやりかたです。手術件数でみると前者が多く、その中でも当科では下顎骨全体を移動する術式である「下顎枝矢状分割術」(写真2)が顎矯正手術件数の80%以上を占めています。移動させた骨はチタン製のネジプレートもしくは体の中で徐々に分解吸収する樹脂で固定します。さらに安静を図るために上下のかみ合わせを固定した状態または口の開閉を制限した状態で手術は終了し、1週間から2週間この状態を維持します。(ただし、樹脂を使用した場合2週間程固定をします)。以上の操作を口の中で行いますから、顔の外に手術瘢を作ることはありません。(写真3)

写真2:下顎枝矢状分割術の分割線と分割後

写真2:下顎枝矢状分割術の分割線と分割後

写真3:顎矯正治療前後の口元の変化(下顎前突症の場合)

写真3:顎矯正治療前後の口元の変化(下顎前突症の場合)

文責: 歯科・口腔外科外部リンク
最終更新日:2011年12月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院