音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 皮膚の病気 > 乾癬

乾癬

かんせん

症状

乾癬は、昔の医学書にも記載のある歴史の古い皮膚病の1つです。英語で「psoriasis」といい、中国語での「牛皮癬」は同じ病気を指します。現在でもはっきりとした原因は分かっていません。免疫反応の異常に伴って皮膚の細胞(表皮細胞)が過剰に増殖することによって起こるとする説が今のところ最も有力です。
乾癬は現在、次の5つに分類されています。尋常性乾癬、滴状乾癬、膿疱性乾癬、関節症性乾癬、乾癬性紅皮症です。

  1. 尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)
    患者さんの数が最も多いのは、この尋常性乾癬です。白色の厚い皮(鱗屑-りんせつ)が付着した紅い皮疹(紅斑-こうはん)が様々な大きさで全身に見られます(図1)。頭皮や肘、膝などのこすれる部分にしばしば見られ、爪や手のひら、足の裏にも症状が見られることがあります。かゆみなどの自覚症状は、ある人もない人もいます。
  2. 滴状乾癬(てきじょうかんせん)
    尋常性乾癬に比べて、小さい紅斑が全身に見られる乾癬の1型です。小さいお子さんが風邪を引いた時に急に発症することが多いといわれており、風邪が良くなると症状も改善します。時に、尋常性乾癬に移行することがあります。
  3. 膿疱性乾癬(のうほうせいかんせん)
    発熱を伴って、全身に膿疱(白色~黄色の水疱)がたくさん見られる乾癬の1型で、乾癬の中で最も重症です。皮膚の膿疱には菌がいるわけでなく、感染することはありません。原因は分かっていませんが、喉などへの感染症がきっかけとなり、急に症状が出ることが知られています。症状が重いため、入院して治療することが必要です。膿疱性乾癬は国の指定した難治性疾患(特定疾患)で、医療費の一部が助成されます。
  4. 関節症性乾癬(かんせつしょうせいかんせん)
    関節痛を伴う乾癬の1型です。乾癬の皮膚症状があり、血液検査にて「リウマチ因子」が通常陰性です。(関節リウマチの患者さんの多くは陽性陽性反応を示します。)多くは手の指や足の指の関節炎がみられ、症状は関節リウマチに非常に似ています。
  5. 乾癬性紅皮症(かんせんせいこうひしょう)
    上記乾癬が、全身に広がり、正常の皮膚がほとんど見えなくなった状態を指します。しばしば発熱を伴い、入院して治療することが必要になります。
図1

図1

診断

尋常性乾癬の皮疹は特徴的であることが多いので、診察のみで診断がつく場合もありますが、きちんと診断をするためには、皮膚生検(皮疹の部分を一部切除して検査すること)が必要です。特に、頭皮や爪のみの皮疹の場合は、似た病気もあるため、生検をすることをおすすめします。また関節症性乾癬では、リウマチに似た関節の痛みがあり、リウマチと区別するために、採血や関節のX線撮影を行います。

治療

乾癬は治りにくい病気であり、特に尋常性乾癬や関節症性乾癬、膿疱性乾癬は治療が長期にわたることが多いです。症状や発疹の面積に合わせた適切な治療を行う必要があります。

1.外用療法

皮疹の範囲が少ない患者さんや、場所が限局している場合は、塗り薬による治療が一般的です。副腎皮質ホルモン含有軟膏(以下、ステロイド軟膏)と活性型ビタミンD3含有軟膏(以下、ビタミンD軟膏)です。
ステロイド軟膏は炎症をとる作用が強く、かゆみなどの症状に対しても非常に有効です。軟膏の強さは、5段階に分かれており、それぞれ軟膏・クリーム・ローションがあります。塗る部位や症状によって使い分けることが大事です。適切でない種類の軟膏を長期にわたって使用した場合に、副作用の問題が生じてきます。そのためか、ステロイド軟膏というと「怖い」というイメージを持たれる方もいらっしゃると思いますが、皮膚科医の指示のもと、塗る薬の種類、塗り方、量、回数、期間をしっかり守れば決して怖い薬ではありません。
ビタミンD軟膏は、乾癬の皮膚の過剰な増殖を抑える作用があるビタミンD3を含有する軟膏です。ステロイド軟膏と比べて効果が出るまでに時間がかかる場合がありますが、ステロイド軟膏で効果のなかった皮疹にも効く場合があります。

2.光線療法

古来より、日光にあたると乾癬の症状が良くなることは知られていました。そして日光の波長の中で紫外線が有効であることが分かり、今では人工的に紫外線を照射する治療が行われるようになりました。塗り薬の治療では効果が不十分な場合や、皮疹の範囲が広い場合に行います。

  • PUVA(プバ)療法
    治療に用いられる紫外線(ultraviolet; UV)は、近紫外線(波長が可視光線に近い)といい、A波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)の3つの波長に分けられます。UVCは有害であるため治療には用いません。UVAをそのまま浴びても効果はありませんが、ソラレン(Psoralen)という物質を飲むか塗った後でUVAを浴びると、乾癬の皮疹に対して効果があります。当院では、入院して行うPUVA-bath(プババス)療法(ソラレンをお風呂に入れ、入浴後にUVAを浴びる)を行っています。
  • Narrow band(ナローバンド) UVB療法
    UVBの波長の中でも、311nm(ナノメートル)前後の波長が最も乾癬に効果があることが分かり、近年よく用いられるようになった治療法です。利点は、PUVA療法のような内服薬や外用薬が不要で、外来での通院で行うことができる点です。当院では、午前中の一般外来と、午後の専門外来(乾癬外来外部リンク光線外来外部リンク)にて行うことができます。

3.全身療法

皮疹が広範囲であったり、関節症状を伴う場合などに全身療法(内服もしくは注射)を行います。

内服薬

  • シクロスポリン(商品名:ネオーラル)
    免疫抑制剤に分類される内服薬です。免疫を担当するリンパ球の1つである、T細胞の働きを抑える作用があります。乾癬の原因として免疫異常がいわれていますが、乾癬ではT細胞が出す様々なサイトカイン(細胞から分泌される蛋白質)により、表皮の細胞が過剰増殖していると考えられています。シクロスポリンはそのT細胞の働きを抑えるため、表皮の増殖が抑えられ、皮疹が良くなります。高い効果が期待できる反面、免疫を抑えることによって感染症にかかりやすくなったり、腎臓に負担がかかったりなどの副作用があるため、感染に対する予防や採血検査が必要です。 また、光線療法とは同時に治療を受けることはできません。
  • エトレチナート(商品名:チガソン)
    ビタミンA誘導体の1種で、表皮が厚くなるのを抑える作用があります。厚い皮疹に対して有効な治療ですが、正常な皮膚も薄くしてしまうため、唇や手のひらが剥けてしまうことがあります。また、もともとビタミンAは胎児に対して影響があり、妊娠する可能性がある場合は使用できません。しかしシクロスポリンと違い、光線療法と同時に治療を受けることが可能で、相乗効果を期待することができます。
  • アプレミラスト(商品名:オテズラ)
    PDE4阻害剤で免疫を調整する作用があります。光線療法との併用が可能です。下痢や胃の不快感などの消化器症状の副作用を起こすことがあります。

注射薬
生物学的製剤と言われる新しいタイプの薬です。乾癬ではTNFα(ティーエヌエフ アルファ)やインターロイキン17、インターロイキン23といった物質が症状を悪化させていることが明らかになり、これを抑える薬が開発されました。現在はTNFαとインターロイキン23を抑える薬剤が使用可能です。また、インターロイキン17を抑える抗体製剤は現在臨床試験の段階にあり、将来的に日常診療において使用できることが期待されています。

  • インフリキシマブ(商品名:レミケード)
    TNFαを抑える抗体製剤で8週間に一度点滴投与を行います。
  • アダリムマブ(商品名:ヒュミラ)
    TNFαを抑える抗体製剤で2週間に一度皮下注射を行います。看護師による適切な指導を受けた後に自己注射を行うことも可能です。
  • ウステキヌマブ(商品名:ステラーラ)
    インターロイキン23を抑える抗体製剤で、12週間に一度皮下注射を行います。
  • セクキヌマブ(商品名:コセンティクス)
    インターロイキン17を抑える抗体製剤で、4週間に一度皮下注射を行います。看護師による適切な指導を受けた後に自己注射を行うことも可能です。
  • イキセキズマブ(商品名:トルツ)
    インターロイキン17を抑える抗体製剤で、4週間に一度皮下注射を行います。看護師による適切な指導を受けた後に自己注射を行うことも可能です。
  • ブロダルマブ(商品名:ルミセフ)
    インターロイキン17を抑える抗体製剤で、2週間に一度皮下注射を行います。看護師による適切な指導を受けた後に自己注射を行うことも可能です。

生活上の注意

  • 乾癬は、風邪や気管支炎など、感染症によって悪くなることが知られています。また、歯槽膿漏など慢性的な歯の炎症もよくありません。感染症の予防に努め、既にある病気をしっかり治すことが必要です。
  • 食生活において、注意することはありません。バランスの取れた食生活、規則正しい生活は、全ての病気の治療の基本です。

慶應義塾大学病院での取り組み

  • 乾癬外来外部リンクを週1回(金曜日午後2時より)開設しております。生物学的製剤を使用している患者さんの乾癬外来を、土曜午後2時から2,4,5週目に行っております。現在までに分かっている乾癬に関する情報や治療法について、丁寧に説明することを心がけております。
  • 紫外線全身照射装置(Waldmann)が2基あり、PUVA療法、Narrow Band UVB療法に対応しております。また、患部が限局していて全身照射の必要のない患者さんの治療のために、エキシマランプというターゲット型照射装置(VTRAC)も用いています。

さらに詳しく知りたい方へ

文責: 皮膚科外部リンク
最終更新日:2018年1月31日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院