音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 皮膚の病気 > しみ、あざ > しみとあざ

しみとあざ

概要

一般的に、年齢とともに増えてくる茶色い色素沈着を「しみ」、生まれつきの茶や黒、赤などの色素斑を「あざ」と呼びますが、それぞれいくつかの種類があります。多くは外観上の問題ですが、皮膚以外の症状を合併するものもありますので、きちんと診断をつけておくことをお勧めします。

「しみ」と呼ばれる疾患

「あざ」と呼ばれる疾患

慶應義塾大学病院での取り組み

当院では、特殊外来としてしみ・あざレーザー外来外部リンクを開設し、各種レーザー機器(Q-スイッチ付きルビーレーザー、パルスダイレーザー、炭酸ガスレーザー、ロングパルスアレキサンドライトレーザーなど)により、しみやあざの治療を行っています。保険適用となるのは太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症、扁平母斑、血管腫です。日光黒子(老人性色素斑)は自費にて治療を行っています。費用等は皮膚科または形成外科診察時におたずねください。

文責: 皮膚科外部リンク
最終更新日:2017年2月21日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院