音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 脳・脊髄・神経の病気 > 頭部外傷 > 急性硬膜外血腫

急性硬膜外血腫

きゅうせいこうまくがいけっしゅ

概要

 脳を包んでいる硬膜と頭蓋骨の間にできる出血です。多くは激しく頭部を打撲した後に、その部の頭蓋骨が骨折し、頭蓋骨に接している硬膜上の血管が損傷して発生します。

症状

 頭部外傷直後は全く症状がないか、もしくはごく短時間のみ軽い意識消失を来たしすぐに回復します。が、数時間のうちに急激に意識障害が出現し増悪することがあります。このように意識障害の前に元気な時期があることをlucid interval(意識清明期)と呼び、急性硬膜外血腫の特徴です。その他の症状については頭部外傷とはを参照して下さい。

出血の特徴

 多くの場合、図1にあるように骨折を伴う外傷で、その骨折線が血管を横切っています。骨折により傷んだ血管から骨と硬膜の間に出血をきたし、脳を圧迫します。図2は頭部CTですが、頭蓋骨と脳の間に凸レンズ型の出血を生じるのが特徴です。

図1 硬膜外血腫

図1 硬膜外血腫

図2

図2

治療

 手術で、血腫を取り除きます。開頭血腫除去術といいます。

治療成績

 この血腫は硬膜によって脳とは仕切られています。脳そのものの損傷を伴っていない場合で、早期に手術を行うことができれば、治療成績は極めて良好です。ほとんどの患者さんが回復されます。しかしながら、脳損傷を伴っている場合には成績が悪くなります。

文責: 脳神経外科外部リンク
最終更新日:2011年12月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院