音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 脳・脊髄・神経の病気 > 先天性疾患 > 先天性疾患とは

先天性疾患とは

せんてんせいしっかんとは

概要

脳神経細胞は、受精後、胎生2ヶ月から4ヶ月頃まで最も活発に産生され、胎生5ヶ月頃までに完了します。しかし、成人に近い脳の形になるのは胎生7ヶ月以降で、さらに神経細胞の移動は周産期(出生前後)まで続きます。したがって、脳の発生過程では、脳構造の形成異常のみならず、神経細胞の移動中に異常が生じることがあり、様々な脳の奇形が発生します。しかし、手術が必要となる脳の奇形はまれで、おもに脳の奇形に伴う水頭症や嚢胞性の病気に対して手術が行われます。ここでは、水頭症キアリ奇形について説明します。

文責: 脳神経外科外部リンク
最終更新日:2011年12月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院