音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 肺と気道の病気 > 成人の喘息

成人の喘息

せいじんのぜんそく

概要

喘息は、ゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴と息苦しさを伴う発作を繰り返す病気です。現在、日本人の子供の6%、大人の3%の方が喘息にかかっているといわれています。子供の時に喘息であった方では、ひどい発作は中学生頃になるとなくなることが多いのですが、そのうち半数の方は成人してから風邪などをきっかけに再発します。また、子供の時に喘息がなかったけれども、大人になって喘息を始めておこす方もかなりたくさんいらっしゃいます。
この喘息という病気のとらえ方や治療法は最近10年間で大きく変わっています。子供の時に喘息であった方が当時受けていた治療が、現在の標準治療とは全く異なることがあります。自己流で治療するのではなく、必ず一度、専門医にご相談されることをお勧めします。

症状

典型的な症状はゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴と息苦しさを伴う発作ですが、そのような症状が無くても、風邪をひいた後の咳がとまらない、特に明け方に咳で目が覚める、胸苦しい、という場合は要注意です。

診断

喘息の特徴は「気管支の粘膜がただれた状態になっていて(炎症がある、と表現します)、そこに刺激が加わると発作的に気管支が狭くなる」ことです。気管支が狭くなっているかどうかを調べるために肺機能検査を行うことが大切ですが、発作が治まっているとその検査だけでは異常を見つけられないことがあります。
そこで気管支の粘膜がただれていることを調べるのですが、これはどこの医療機関でも簡単にできる検査ではありません。慶應義塾大学病院では、痰の中の細胞を調べたり、吐いた息の中の成分(一酸化窒素というガスの濃度)を特殊な機械を使って測定して、気管支の粘膜の状態を調べます。
また、喘息の半数はアレルギー性ですので、血液検査を行って、ダニやカビに対するアレルギーがあるかどうかを調べます。重症の喘息になっている場合は、その他にも胸部CTスキャンという検査などを行うことがあります。

治療

以前の喘息治療では気管支を拡げる薬を主に使っていましたが、それでは気管支の粘膜のただれを直すことができず、治療をしていても発作を繰り返したり、長期にわたって粘膜のただれが続くことで気管支の壁が厚くなって発作がないときでも息切れがとれなくなったりします。

現在では気管支粘膜のただれを抑えるため、吸入ステロイド薬を使うことが世界中で標準となっています。ステロイドというとこわい薬だと使うことを躊躇される方がありますが、喘息の治療に使うステロイド薬はごく微量で、しかも気管支以外への作用はほとんどない上に、十年以上吸入ステロイド薬を使用しても気管支粘膜の細胞がステロイド薬を塗った皮膚の細胞のように弱くなることはありません。

吸入ステロイド薬は予防薬ですので、1日1−4回定期的に使うことが必要です。使い始めて3−4日目で発作が減り始め、1週間でほとんど発作がなくなるはずです。ただ、その時にはまだ気管支粘膜のただれはなおったわけではありませんので、吸入ステロイド薬を止めるとすぐに再発してしまいます。数ヶ月は最低限続けた上で、医師の指示に従って少しずつ吸入量を減らしてください。

吸入ステロイド薬は喘息のコントロールには非常に有効な薬剤ですが、残念ながら、どれだけ長期間使用しても喘息が治るわけではありません。それだけに、最小量の吸入ステロイド薬のみで長期安定している場合に治療を止めても良いかどうかは、主治医の先生と良く相談してください。

吸入ステロイド薬だけではコントロールが難しい場合は、気管支を拡げる作用のある薬を一緒に使用することがあります。この場合注意しなければならないことは、良くなったからといって吸入ステロイド薬を止めないことです。気管支を拡げる作用の薬だけを続けた場合は、喘息はかえって悪化する場合があります。

発作が起きたときには、発作止めの吸入薬(サルタノール、メプチン)を使います。2吸入して2−3分で発作が収まってきますが、15分たってもまだ症状が続くなら、もう2吸入使ってください。発作止めの吸入薬を2回使っても発作がおさまらないようなら、近くの病院を受診しましょう。

生活上の注意

喘息が悪くなるきっかけとして一番多いのは風邪です。風邪はウイルスでおきるので、抗生物質をつかっても効果がありません。あらかじめ主治医の先生と相談しておいて、風邪をひいて咳が増えたり、胸苦しさがある場合は、発作止めの吸入薬を使うとともに吸入ステロイド薬の量を増やしたり、短期間飲み薬のステロイド薬を併用してください。
大人になってから喘息の症状が出現した方の中には、解熱剤、鎮痛剤、消炎剤で喘息発作をおこす患者さんがいます。薬を飲んで30分から2時間程度で人工呼吸が必要なほど激烈な発作をきたしますから、十分注意してください。特に、臭いがわからなくなった、鼻が慢性的につまる、鼻にポリープができているといわれた、というような症状のある方は、そのような薬で発作を起こす危険性が高くなります。病院でもらう薬だけでなく、歯医者さんでもらう薬や、薬局で処方箋なしでも購入できる薬などでも発作を起こすことがありますので、注意してください。薬が違っても、解熱剤、鎮痛剤、消炎剤を含む薬を飲めば発作を起こします。また、飲み薬だけでなく、痛み止めの湿布薬でも発作をおこすことがあります。ただし、喘息にかかった以降に飲んでも大丈夫であった薬はもう一度飲んでも問題ありません。

慶應義塾大学病院での取り組み

最近は喘息治療ガイドラインも整備されているので、軽症の喘息であれば開業医の先生(呼吸器科、アレルギー科)や一般病院の内科外来で充分治療可能です。しかし、喘息の患者さんの10%は、標準治療ではコントロールが難しい重症喘息であるといわれます。このような場合は喘息専門医にかかる必要があります。平成21年4月からは重症喘息に対する新しい治療薬(ゾレア)も使用できるようになりました。全ての患者さんに使える薬ではありませんが、条件に合った患者さんには今までの治療では得られなかった効果が期待できます。夜間の発作が完全にはおさまらない、喘息のために日常生活に差し支える、現在の治療では副作用が強い、などでお困りの方はぜひ一度ご相談ください。

文責: 呼吸器内科外部リンク
最終更新日:2017年6月8日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院