音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 口と歯の病気 > 歯列不正

歯列不正

しれつふせい

概要

歯列不正とは、広義には上下の歯の位置がずれている状態を指し、これに伴って噛み合わせを起こす場合や顎の成長発育へ影響するような咬合異常の総称です。
歯列不正を考える際のポイントは歯の生え換わりです。ご存じのとおり、歯には乳歯と永久歯があります。乳歯は6カ月ころ生え始め、小学校卒業時くらいまでに永久歯と入れ替わります。永久歯はその後生え換わることなく一生使う重要な歯です。そのため各々機能的、構造が大きく異なります。乳歯は歯が小さくて比較的軟らかく、永久歯が出てくる際に歯根が吸収してぐらぐらして脱けます。永久歯は大変硬く、強固に歯槽骨(歯を支える骨)に植わって生涯咀嚼に耐えられる構造になっています。こうしたバックグラウンドを確認していただきたいと思います。
歯列不正は、大きく骨格性の不正咬合と歯列に起因した不正咬合に分けられます。また乳歯列期に起る場合と思春期以降に起るもので治療方法に違いがあります。

症状

各時期での状態は以下のようです。

乳歯列期

乳歯は生後6ヶ月前後で生え始め、2歳半で完成します。その後6歳で永久歯が生え始めるまでの間を乳歯列期といい、この間にも歯列不正は生じます。大きく分けて顎の発育に問題が生じるタイプと、何らかの外的な要因で生じるタイプがあります。前者は、明らかに顎のサイズと歯の大きさの不調和による乱ぐい歯、受け口、後者は指しゃぶりや舌を突き出す癖などにより歯が移動して生じる開咬症、また外傷もしくはう蝕等で早期に歯の喪失を伴った場合に生じる不正咬合があります。

混合歯列期

混合歯列期は乳歯と永久歯が混在する時期であり、見掛けの歯列不正が起こることがあります。
代表的なものとして、

  • 上顎前歯の間にスペースがある状態
  • 下顎前歯部に見られる乳歯の後ろに永久歯が生える2枚歯状態

があります。
上顎前歯の離開は7歳から8歳ころ必ず生じる状態であり異常ではありません。歯の生えかわる順番により生じる現象のため、永久歯が生え揃うまでにはスペースはなくなります。
下顎前歯部に見られる乳歯の後ろに永久歯が生える2枚歯状態は、6歳から7歳のお子さんでよく見られる状態ですが異常ではありません。歯の生え変わりは基本的に永久歯により乳歯の根が吸収して起こる現象ですが、下顎前歯部は乳歯の内側から永久歯が出てくるため、お子さんによって乳歯の根がうまく吸収できず2枚歯状態になることがあります。これも後から出てきた永久歯が、舌圧により前に押され最終的に乳歯は脱落します。永久歯が生え始めてから数ヶ月すれば改善されるので様子をみましょう。それでも変化がない場合には専門家かかることをお勧めします。
この時期は扁桃腺肥大等をおこす時期でもあります。こうした鼻咽腔疾患により鼻呼吸がうまくできないお子さんがいます。この場合注意しなけらばならないことは、口呼吸をすることにより口唇周囲筋の筋力が弱まり、また口呼吸をしやすくするため舌が低位になり口腔内に収まりにくくなり、結果として上顎前突(出っ歯)になることもあります。この状態は成人以降の歯周炎に対しても大きな影響を与えます。

成長期

永久歯が生え揃った12歳頃から18歳頃(女子は10~15歳程度、男子は12~18歳程度)間では身長の伸びと同時期に下顎骨も成長するため、咬み合わせに大きな変化が出ることがあります。いわゆる受け口な状態です。
この状態は遺伝要因も関与することが確認されているため家族の中に受け口の方がいれば起こる可能性はあります。この場合、治療方法として矯正治療単独では困難な場合があります。こうした状態に対しては顎変形症の項目をご覧下さい。

成人

成人における歯列不正は成人するまで放置していた歯列不正の他に、智歯の萌出(生えること)により生じたり、歯周炎に起因し歯がデコボコしたり、歯の脱落により気が付いたら歯並びが悪くなるといった2次性の歯列不正が生じます。また、そうした状態は口腔環境となり歯周炎、う触を進める増悪因子にもなります。

診断

不正咬合の診断

歯列不正とは歯並びに対する一般的な総称であり矯正歯科学では不正咬合を分類します。
不正咬合は、上下顎第1大臼歯の咬合関係(咬み合わせ状態)により3種類に分類(Angle分類)されます。

  • 上顎に対して下顎が前方にあるClassIII(受け口)
  • 下顎が後退しているClass II(出っ歯)
  • 上下にずれていないClassI

それぞれの中で顎と歯のサイズの不調和により歯が並びきらずに八重歯になったり、乱食いになったりすることがあり、治療方針はそれぞれの場合により異なってきます。
この他にX線規格写真(セファログラム)を用いた診断法や模型(歯型)から歯の大きさを分析する模型診断などがあります。これについては検査の項目で説明します。

治療

乳歯列期

受け口と開咬は改善しておく必要があります。ただしお子さん本人が治療に協力的でなければ不可能です。特に指しゃぶりはその要因としてメンタルなものも考えられるため小児科の先生とも相談の上慎重に進める必要があります。但し開咬は永久歯列に対しても影響が出ますので専門医に相談されることをお勧めします。
受け口は、下顎が前方にあることにより上顎の成長を抑えてしまうことがあります。適切な対応が望まれます。
歯の早期喪失についても永久歯の生え変わりに影響するため歯の抜けた空隙を残したままにすることをお勧めします。
歯の乱食い状態については乳歯期に積極的な歯の移動は考える必要はありませんが、歯の重なりにより虫歯になりやすい環境がありますから、歯ブラシには気をつけることをお勧めします。

混合歯列期

受け口(反対咬合)の場合 上顎骨の成長を抑制する可能性があるためチンキャップ、プロトラクターといわれる顎外装置を使用し下顎の成長を抑制したり、上顎骨を前方に牽引して骨の成長をコントロールすることも有効とされています。しかし、遺伝性の要因が強い場合治療を行い、1時的に改善されても成長期に再び反対咬合に移行することもあるため治療に対しては慎重な対応が必要です。

成長期、成人(永久歯列期)

骨格的な要因がない場合には、本格的な矯正治療が開始される時期です。

治療方法

矯正治療には動的矯正治療期間と保定期間があります。動的矯正治療期間とは歯に装置を直接ボンドで貼り付けワイヤーで歯を動かす期間でいわゆる矯正治療と呼ばれる期間です。これに対して保定期間とは、動的矯正治療が終了し装置を除去した後、元に戻らないように取り外しの装置を入れる期間をいいます。成人になればなるほどこの期間が重要になります。
実際の矯正治療は、どこかの歯を抜いてスペースを確保して歯を動かす方法と、歯を抜かずに歯を並べる方法があります。両者のボーダーは歯と顎の不調和を模型で計測、またX線規格写真から上下顎骨と歯並びの不調和を総合判断し選択されます。抜歯部位は、通常上下顎第1小臼歯もしくは第2小臼歯です。また、智歯が生えずに潜っている場合、矯正治療終了後の後戻りの原因になる可能性があるため矯正治療終了時までに抜歯を勧めます。

生活上の注意

矯正治療は治療期間が最低でも1年以上かかるため、治療を受けるご本人の意思が大変重要になります。特にお子さんの場合、装置を歯につけた後の口腔ケア(歯ブラシなど)がしっかり行えないと、歯並びは良くなりますが虫歯や歯肉炎を作ることにもなりかねません。また、ご本人が通院するので、治療に積極的でないと通院も続かず治療期間もさらに延びることになります。こうした点を考慮すると、ご本人が治療に前向きででない時期には治療は行わないことが良いと考えます。
鼻咽腔疾患にともなう口呼吸を呈するお子さんの場合、将来的に口唇閉鎖不全による上顎前突、さらには歯周炎の併発にもつながりかねません。矯正治療を行う前に、耳鼻科的に鼻咽腔疾患を治療することも重要な場合もあります。また、口唇閉鎖を目的とした口輪筋の訓練も必要なこともあります。

慶應義塾大学病院での取り組み

現在当科で矯正外来を隔週木曜日の午後に行っています。矯正治療方法は歯の表側に装置を直接貼り付けワイヤーで歯を動かす方法です。舌側に装置をつける舌側矯正法や、透明なマウスピースを用いて行う方法も取り入れていません。
歯の移動に補助的にインプラントアンカーというネジを使ったインプラント矯正法は取り入れています。
外科手術を伴う矯正治療に対して、当科は申請を出していないため保険適応にはなりません。こうした症例の場合、病・診連携により矯正専門医に矯正治療を依頼し、手術は当科で行なっています。

さらに詳しく知りたい方へ

日本矯正歯科学会のホームぺージ外部リンク

文責: 歯科・口腔外科外部リンク
最終更新日:2011年12月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院