音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > こどもの病気 > 小児の腹壁・臍・鼠径部疾患 > 停留精巣

停留精巣

ていりゅうせいそう

概要

病因

アンドロゲン(テストステロン)、その他の物質の関与が病因として疑われていますが、詳細は不明です。

発生頻度

出生時 3-5%
3か月時 1-2%

分類

分類法として、精巣が触知(触ってわかる)されるか、触知されないかで分けます。触知精巣は真性停留精巣と移動精巣に分類されます。また真性停留精巣は精巣の位置により下方からa) 陰嚢上部、b) 鼠径管内、それより上方では精巣が触知できないので非触知精巣とよびます。非触知精巣は腹腔内精巣と精巣無形成とに分類されます。
触知できるものでも移動性精巣の場合は手術は必要ではなく経過観察とします。移動性精巣の場合、入浴時や睡眠中は陰嚢まで下がっていることが多いので注意深く観察して下さい。

診断

検査

陰嚢内に精巣を触れないことで発見されることが多いです。

超音波検査では精巣の位置、サイズ、内部エコー、血流などの評価を行います。術前、術後の変化を診る上で重要な検査です。

MRIの検査は腹腔内精巣を疑うような場合に施行することがあります。触知精巣では必要ありません。

ホルモン検査としては男性ホルモンなど精巣から分泌されるホルモンの計測を行うことで、精巣機能を評価します。小児科の代謝班に依頼して施行してもらいます。

治療

(真性)停留精巣では精巣固定術が行われ、移動性精巣であれば経過観察とします。
非触知精巣の場合、腹腔内精巣、精巣形成不全、精巣無形成を考えておく必要があるために、腹腔鏡にて腹腔内を観察する必要があります。

精巣固定術

鼠径部に皮膚壁に沿って2cm大の横切開をおいて、この創口から精巣を出して操作を行います。基本的には精巣を上から固定しているものは精管(精子の通る管)、精巣動脈、精巣静脈ですがこの束をそれぞれ3本に分け、周囲の組織からはがします。この上からの引っ張りが解けて、陰嚢内に届くようになれば、精巣を陰嚢下部に皮下ポケットを作り、固定します。

手術する理由

  1. 妊よう性 (生殖能力)
    12か月以降に生殖機能の発達に障害が出てきます。温度差(位置が高いと温度が高い)が影響して障害が出るのではないかと考えられています。
  2. 悪性腫瘍
    精巣が悪性化する危険性が高いです。
  3. 美容的な外観

手術の時期

上記、妊よう性の問題から、手術時期は早いほうが望ましいのですが、手術の技術的な面との兼ね合いで決めます。2歳までに手術をすることが望ましいとされています。慶應では原則として、18ヶ月までに手術を組みます。当院での入院加療は原則、手術前日に入院、手術翌日に退院となります。

文責: 小児外科外部リンク
最終更新日:2014年11月28日

▲ページトップへ

小児の腹壁・臍・鼠径部疾患

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院