音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > こどもの病気 > 小児の腹壁・臍・鼠径部疾患 > 鼠径ヘルニア、陰嚢水腫

鼠径ヘルニア、陰嚢水腫

そけいへるにあ、いんのうすいしゅ

概要

小児の場合、大多数が外鼠径ヘルニアです。開存した腹膜鞘状突起(ふくまくしょうじょうとっき)内に腹腔内臓器の一部が入り込んだ状態を言います。腹膜鞘状突起は、胎生3ヵ月に腹膜の一部が内鼠径輪へと突出することにより発生した小さな袋状の出っ張りです。腹膜鞘状突起は出生までに閉鎖するのですが、鼠径ヘルニアではそれが開存し、過剰腹圧や腹腔内液体成分貯留などにて発症すると考えられています。腹膜鞘状突起が部分的に閉鎖したり、穴が非常に小さいときには水がたまって陰嚢水腫(男性)またはNuck管水腫(女性)となります。
鼠径ヘルニアは生後1年以内に全体の2/3が発症します。また両側にある場合は8%との報告があります。男児が女児より多く、右側が左側よりも多くみられます。

症状・診断

腹圧が加わったときなどに表面平滑で柔らかい鼠径部のふくらみとして発見されます。陰嚢水腫では透光性をもつふくらみを陰嚢内に触れます。

鼠径ヘルニアでは、非常に慣れた手によると鼠径部皮下の肥厚したヘルニア嚢が摺(す)れる感覚があります(これをシルクサインと呼びます)。ヘルニアでは特に入浴後の起立時、または啼泣(ていきゅう)時に膨隆がよくみられます。ヘルニアの大半は腹圧がとれると自然にお腹に戻りますが、腸が嵌(は)まり込み戻らなくなった状態を嵌頓(かんとん)と呼びます。嵌頓は放置しておくと腸の血流障害から腸が腐ったりしますので手で戻します。

治療

基本的には鼠径ヘルニアの自然治癒は生後4ヶ月以降はほとんどみられないためにこれ以降は手術治療となります。鼠径部に皮膚壁に沿って2cm大の横切開をおいて最終的にヘルニアの袋をなるべく出口近く(高い位置)にて縛ります。男児の場合、ヘルニア嚢と精巣動静脈、輸精管が伴走しているためこれを剥がして縛らないといけません。女児の場合は円靭帯とヘルニア嚢と伴走しますが、これはまとめて縛っても問題ありません。女児の場合、卵管が常に出ているスライディングヘルニアの場合が時々みられますが、この場合卵管を押し込んで縛るというやや特殊な方法を用います。嵌頓にて腸がどうしても戻らない場合には腸管が壊死に陥る可能性があり、緊急手術が必要です。

陰嚢水腫の場合、乳児の腹膜と腹膜鞘状突起にあきらかな交通のない、非交通性陰嚢水腫だと約90%は自然治癒します。しかし1~2歳にても変化のないもの、あきらかな交通性があるものは手術の適応となり、手術法は鼠径ヘルニアと同様です。ヘルニア、陰嚢水腫ともに当院での入院加療は原則、手術前日に入院、手術翌日に退院とします。

慶應義塾大学病院での取り組み

両側ヘルニアは8~10%にみられるため、手術側のヘルニア嚢に5mmの内視鏡を挿入し、反対側の内鼠径輪から腹腔鏡を使って精査することで反対側ヘルニアを診断しております。反対側にも発見された場合は両側手術を行い、正確な治療を目指しています。

文責: 小児外科外部リンク
最終更新日:2014年11月28日

▲ページトップへ

小児の腹壁・臍・鼠径部疾患

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院