音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > こどもの病気 > 小児の顔面・頸部疾患 > 小児耳前瘻孔

小児耳前瘻孔

しょうにじぜんろうこう

概要

耳介(耳たぶ)は胎生5週頃第1、第2鰓弓(さいきゅう)に耳介結節が発生し、合わさって形成されます。この形成過程で瘻孔が残ると発生すると考えられます。発生率は非常に高く、10%程度にみられ、多くは両側です。

耳前瘻孔(→)

症状・診断

両側の耳介の前方に小さな孔がみられることが多いです。ゾンデ(棒のような器具)でたどると深さが数mmから数cmに達するものまであります。中に分泌物が詰まって炎症をおこし、発赤腫脹を呈する場合があります。

治療

炎症所見が完全におさまれば瘻孔を摘出します(下図参照)。手術の際には色素を瘻孔から注入し、瘻孔を染めて行います。このとき瘻孔が耳介軟骨に付着していることが多く、軟骨を一部切除することがあります。術後早期に退院可能ですが、炎症の所見によっては数日間の抗生剤内服を必要とする場合があります。

予後

炎症が強いときなど一部瘻孔が残存した場合、再発することがあります。

文責: 小児外科外部リンク
最終更新日:2014年11月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院