音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > こころの病 > 統合失調症

統合失調症

とうごうしっちょうしょう

概要

以前は精神分裂病という病名でしたが、この名称の与える誤ったイメージを改めるため、平成14年に統合失調症に変更になりました。脳の統合的機能のバランスを崩しているという意味です。この病気は約100人に1人がかかり、決して特殊な病気ではありません。同じグループに属する病気としては、統合失調感情障害、妄想性障害などがありますが、ここでは統合失調症を中心に解説します。


症状

統合失調症の症状は大きく二つに分かれます。一つは陽性症状と言われるもので、もう一つは陰性症状と言われるものです。

陽性症状は「これまでなかったものが出てくる」症状で、幻覚や妄想などがあります。幻覚は実際には存在しないものが見えたり聞こえたりする症状です。統合失調症では、聴覚における幻覚である幻聴(例:周りに人がいないのに自分のことを話している声が聴こえる)がよくみられます。妄想は事実とは異なったことを確信していることで、統合失調症においては被害的な内容の被害妄想(例:周囲から嫌がらせをされている、盗聴や監視をされている)がよくみられます。幻聴や被害妄想の内容は人によって様々です。また、混乱してしまうことにより思考や会話がまとまりにくくなります。このような症状は思考障害と言われています。このような症状に基づいて、感情の乱れや周囲からは理解されがたい行動がみられることもあります。

一方、陰性症状は「これまであったものが失われる」症状で、考える内容や会話が乏しくなる思考の貧困、喜怒哀楽などの感情の起伏が乏しくなる感情の鈍麻、気力が乏しくなる意欲の減退などがあります。全体的に活気がなくなりエネルギーが不足したような状態と言えます。

統合失調感情障害は、上記の症状に躁状態やうつ状態といった感情の障害も加わった病気です。また、妄想性障害は妄想のみが中心的な症状である病気です。


診断

上で述べたような症状がある程度の期間以上続き、かつ日常生活に支障をきたしている場合、統合失調症と診断されます。思春期から青年期かけての発症が多いことがわかっています。

幻覚や妄想はうつ病・躁うつ病などの他の精神障害、頭部外傷・脳出血・脳梗塞・脳腫瘍・脳炎などの脳の病気や体の病気などでも起こることがあるため、これらが原因であることを除外することが必要です。また、アルコール・覚せい剤などの使用でも起こりえるため、これらの影響でないことを確認する必要があります。


治療

幻覚や妄想などの症状が現れたときは、まずはできる限り速やかに精神科を受診することをお勧めします。周囲から見ていつもと様子が違っても、幻覚や妄想は本人にとっては現実的な体験であるため、病気を否定し治療を拒むことがしばしばあります(病識がないと言います)。しかし、このようなときも本人は何かしら困っていること(例:眠れない、不安がある、やる気がしない)があることが多く、これに焦点を当て受診を促すと有効な場合もあります。

治療は大きく薬物療法と精神科リハビリテーションの二つに分かれます。

統合失調症の症状が起こるメカニズムとして、神経伝達物質(神経と神経の間で情報の伝達をする物質)の一つであるドパミンの過剰が関係していると言われています。薬物療法では、ドパミン受容体遮断作用を持つ抗精神病薬を使用します。この薬を服用することによりドパミン神経伝達の過剰が緩和され、幻覚や妄想などが改善されます。残念ながらこの病気の原因はまだはっきりとわかっておらず、根本的な治療法はまだ見つかっていません。このため、再発予防に抗精神病薬を継続的に服用することが世界的に推奨されています。また、リハビリテーションを効果的に行うためにも薬物療法は基本となります。

もう一つの精神科リハビリテーションは、生活技能訓練(SST)、作業療法、レクリエーション療法、デイケアなどがあります。陰性症状に対する効果が期待できます。



生活上の注意

無理のない規則正しい生活をこころがけましょう。特に症状が活発なときはゆっくりと休養することが必要です。アルコールは控えた方がよいでしょう。



慶應義塾大学病院での取り組み

外来および入院治療を行っております。入院治療の場合、当院は開放病棟での治療となります。幻覚や妄想が活発で行動がまとまらない場合などは、閉鎖病棟を持つ精神科専門病院をご紹介することがあります。



さらに詳しく知りたい方へ

 書籍

  • 統合失調症-正しい理解と治療法(講談社)伊藤順一郎著
  • よくわかる、上手につきあう統合失調症(主婦と生活社)上島国利著
  • 家族のための統合失調症入門(河出書房新社)白石弘巳著

文責: 精神・神経科外部リンク
最終更新日:2011年12月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院