音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > こどもの病気 > 新生児の血液型

新生児の血液型

しんせいじのけつえきがた

血液型にはいろいろな型がありますが、多くのお母様方が知りたい血液型は、ABO血液型と言われるものです。ABO血液型は、赤血球側(おもて試験)と血漿(血液液体の部分)側(うら試験)の両方を検査しその結果を照合して決定します。赤血球側の検査は赤血球膜上のA抗原(こうげん)、B抗原を検査するもので、たとえばA抗原だけ検出されるとA型と判定されます。一方、血漿側の反応は、抗A抗体(こうたい)、抗B抗体を検査するもので、たとえばA型の人は抗B抗体のみ検出されます。このようにABO血液型では規則的に抗原、抗体を持っていることから、血液型の決定には赤血球側(おもて検査)と血漿側(うら検査)をペアで行います。しかし新生児(生まれたばかりの赤ちゃん)ではまだ抗体が作られていないことに加え、お母さんから移行した抗体が反応することもあり、通常新生児では血漿側(うら検査)をせず赤血球側(おもて検査)だけを行います。また、新生児において赤血球膜上のA抗原、B抗原の強さは、新生児では成人の3分の1程度で2~4歳になって成人並みになると言われています。よく「新生児の時に検査した血液型が、大人になって変わる」と言われるのは、新生児の際に赤血球側検査(おもて検査)だけ行われた場合に、赤血球膜上のA抗原、B抗原が弱いために、A型やB型の方がO型と判定される場合があるためで、本当に血液型が変わってしまうのではありません。ただ、結果の正確性が少し低くなるため、多くの施設では出生時の血液型検査は行っていません。

では、いつ血液型の検査をすればいいでしょう?6か月は血液型の抗体が産生され始める時期、1歳は全ての児に抗体が産生される時期、3歳は赤血球膜上のA抗原、B抗原の強さが成人になる時期です。従って、正確な血液型の判定を求められるならば、4歳以上が望ましく、できれば小学生になる頃に再検査を受ければよいと思われます。また、血液型検査は手術が必要などのケースを除いて保険が使えず、自費での検査になります。自己負担額は1000−5000円程度です。

慶應義塾大学病院での取り組み

慶應義塾大学病院では自費での血液型検査が可能です。担当医に検査希望をお伝えください。また、出生時に児の血液型を知りたいという希望にも対応しています。出生時の検査はおもて試験のみの結果であり、結果の正確性が少し低くなることをご理解ください。

文責: 小児科外部リンク
最終更新日:2017年11月13日

▲ページトップへ

こどもの病気

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院