音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > こどもの病気 > 小児の心臓の病気 > ファロー四徴症

ファロー四徴症

ふぁろーしちょうしょう

概要

チアノーゼ(低酸素血症)をともなう心疾患ではいちばん多い病気です。右心室から肺動脈への出口に狭窄(右室流出路狭窄、肺動脈狭窄)を認め、大きな心室中隔欠損をあわせもつ病気です。右室流出路狭窄によって肺に流れる血液量が減少し、心室中隔欠損を通して静脈血が大動脈に流入して全身に流れるため、チアノーゼを認めます。生まれてから2ヶ月ぐらいまでの間にチアノーゼ・心雑音を認めて発見されることが多いです。特に乳児期には急なチアノーゼの増強・不機嫌・多呼吸・けいれんの症状がでるチアノーゼ発作(無酸素発作)を認めることがあります。右室流出路狭窄の解除と心室中隔欠損の閉鎖をあわせて行う心内修復手術が必要ですが、肺に流れる血流が少ない場合には、はじめにシャント手術(短絡手術)をおこなって肺血流を増やし、成長を待って心内修復手術をおこなう必要があります。

ファロー四徴症

文責: 小児科外部リンク
最終更新日:2011年12月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院