音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > こどもの病気 > 小児の心臓の病気 > 肺動脈弁狭窄症

肺動脈弁狭窄症

はいどうみゃくべんきょうさくしょう

概要

肺動脈の弁に異常があり開きづらくなっている病気です。血液を送り出すために余分に力(圧力)が必要で右心室に負担がかかり心臓の筋肉が厚く肥大します。まれに生まれた直後に全身にチアノーゼ(低酸素血症)をみとめる重症な肺動脈弁狭窄症もありますが、多くの場合は無症状で経過し、心雑音で発見されます。弁の狭窄の程度によっては治療が必要となるため、心エコーで狭窄の程度を推定します。中程度以上の狭窄は、バルーンカテーテルを用いて狭窄を拡張します。手術が必要な場合もあります。

文責: 小児科外部リンク
最終更新日:2012年10月17日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院