音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 感染症 > インフルエンザ

インフルエンザ

いんふるえんざ

概要

インフルエンザは、インフルエンザウイルスの感染による急性症状のことを意味します。我が国ではインフルエンザは毎年12月下旬から3月上旬にかけて流行します。それはウイルスが低温で乾燥した状態に適応できること、冷たい乾燥した空気は気道粘膜の抵抗力を弱めること、などが関係していると考えられます。潜伏期間が短く感染力が強いため、一旦流行が始まると免疫のない乳幼児や免疫力の低下している高齢者まで多くの人に感染します。
インフルエンザウイルスは構造の違いによりA型・B型・C型の3種に分かれます。このうちA型とB型がヒトに病気をおこします。さらにA型ウイルスは構造の違いにより多数に分かれ(図1)、鳥や多くの動物(クジラやブタ、ウマ、トラなど)に感染しています。
従来は、A/H1N1(ソ連)型ウイルスとA/H3N2(香港)型ウイルス、及びB型ウイルスの3種類が毎年少しずつ型を変えながら流行していましたが、A型には数十年ごとに大きく構造が異なるウイルスが出現し、新型インフルエンザとして地球規模の大流行(パンデミック)を起こし(スペインかぜ、香港かぜなど)多数の死者を出してきました。2009には米国、メキシコでA/H1N1型の豚インフルエンザ(H1ン1:pdm)がヒトからヒトに感染するようになり、新型インフルエンザとして世界中に拡大しました。特に2009-10年シーズンはほとんど全てこのウイルスの流行になりました。しかし、2010-11年シーズンに通常の流行パターンに変わり、2011年3月11日には新型から通常季節性のインフルエンザであることが国から宣言され、A/H1N1(ソ連)型ウイルスとA/H3N2(香港)型ウイルス、B型ウイルスに加えてH1N1:pdmが主要な流行株になり、A/H1N1(ソ連)型ウイルスが流行株からはずれました。

図1 インフルエンザウイルスの構造

図1 インフルエンザウイルスの構造

症状

インフルエンザウイルスは鼻咽頭、のど、気管支などの細胞に感染し、1~3日間の潜伏期間を経て、悪寒、頭痛、背中や四肢の筋肉痛、関節痛、強い全身倦怠感などを伴って突然38~40度の高熱を出します。発熱は3~7日間持続します。ライノウイルスやコロナウイルスによりおこる普通のかぜでは咽頭痛、鼻汁、咳などの局所症状が中心で、あまり高熱や全身症状を認めません。インフルエンザは健康な成人では1週間ほどで治りますが、肺炎や心臓の筋肉の炎症や、乳幼児では中耳炎や熱性けいれんなどを合併することがあります。小児ではアスピリンを使うとライ症候群(年間100~200例)と呼ばれる脳症状をおこすことがあります。また高齢者や乳幼児、肺気腫などの呼吸器疾患、慢性心不全などの循環器疾患、糖尿病、腎不全(血液透析)、免疫不全(薬による免疫低下も含む)などの患者さんではインフルエンザにかかるとこれらの病気が悪化したり、肺炎をおこして命にかかわることもあります。

東京都公式ホームページ外部リンク
厚生労働省ホームページ外部リンク
国立感染症研究所感染症情報センター外部リンク

診断

特徴的な症状や経過を示すため、流行期なら典型例の診断は難しくありませんが、正確に診断するためにはインフルエンザウイルスに感染しているかどうかを検査します。血液検査でインフルエンザに対する抗体を調べたり、ウイルスを見つければ確実に診断できますが、すぐに結果が出ないので、のどや鼻の奥にいるA型およびB型のウイルスを迅速に見つける検査が普及しています。一般的には鼻から綿棒をのどの奥まで進め、のどをぬぐってきて、それでインフルエンザウイルスの有無を検査します。発病初期にはまだウイルスの量が少ないため陰性に出ることもありますので、時間をおいて繰り返し検査を行なうこともあります。

治療

  1. 一般療法
    安静、休養、特に睡眠、水分を十分にとることが重要です。
  2. 対症療法
    全身倦怠感を軽くしたり、熱を下げる薬を使うこともありますが、インフルエンザウイルスの感染による脳障害を興しやすくする解熱剤があるので、15歳未満の患者さんにはアセトアミノフェンを使います。大人のインフルエンザでは小児のような制限はありませんが解熱薬は医師の判断により使用されます。
  3. 薬物療法
    現在4種類の薬が使用できます。1998年にアマンタジン(シンメトレルと呼ばれる飲み薬)が使用できるようになりました。これはウイルスの遺伝子が細胞に入り込むのを防ぐ薬ですがA型ウイルスにだけ効きます(B型ウイルスには無効)、薬が効かないウイルスができやすい、ふらつき、不眠、悪夢、幻 覚、妄想などの精神神経症状が出現しやすい、などの理由であまり使用されませんでした。現在では細胞内で増えたウイルスが細胞の外へ飛び出して行く時に必要なノイラミニダーゼの働きを抑える薬が使われます。オセルタミビル(タミフルと呼ばれる飲み薬)、とザナミビル(リレンザと呼ばれる吸入薬)やラニラミビル(イナビルと呼ばれる吸入薬)、ペラミビル(ラピアクタと呼ばれる点滴薬)があります。タミフル、リレンザ、ラピアクタはA、B型に効きます。発症から48時間以内に使い始めると発熱期間が1~2日間短かくなりますが、開始時期がそれ以上遅れると治療効果は無いので使用するかどうかを医師が判断します。なお、抗生物質はインフルエンザウイルスには効きません。

生活上の注意

生活面での注意・予防

感染予防
インフルエンザはウイルスを含む飛沫(咳やくしゃみの時に発生するしぶき)がのどや太い気管に付着すると感染します(飛沫感染)。飛沫の吸入はマスクによって防ぐことができます。インフルエンザが流行している時期には、外出時にはなるべくマスクをつけ、ひと混みを避けましょう。またマスクを着けると自分から飛沫が飛び散るのを抑えることもできるので、咳のあるときにはマスクをつけましょう(咳エチケット)。また手指を介した接触感染もあるので手洗いは重要です。インフルエンザウイルスは湿度に弱く、狭い部屋では、時々空気を入れ換えたり、部屋の湿度を適度(50~60%)に保ちましょう。 

予防内服
インフルエンザを発症している患者さんとマスクを着用せずに接触した場合には、高齢者や、慢性疾患をもっている方など、いわゆる発病すると重症化しやすい方には抗インフルエンザ薬を使ってインフルエンザの発病を予防することがあります。

ワクチン
ワクチンは前のシーズンに流行したウイルスを分析し、その年に流行するウイルスの型を予想し(ワクチン株)、それを用いて製造されます。有精卵を用いて、春ごろから製造しますが約半年かかるので、秋口に使えるようになります。 ワクチン接種後、体内で抗体ができるまで数週間かかるので、通常成人では流行がはじまる前までに1回接種を受けます。ワクチン接種によりにより得られる抗体には感染を防ぐ効果よりも感染したあとの発病や、重症化を防ぐ効果を期待できます。流行株がワクチン株に似ていると約70~90%の効果を期待できますが、ワクチンを作るのに使われるウイルスと異なる型のウイルスが流行すると効果は低下します。接種した部位に発赤(10%)や発熱(1%)などを認めることがありますが、死亡や重い後遺症の発生頻度は、接種100万回あたり1件以下です。インフルエンザワクチンは毎年接種する必要があります。発熱していたり、卵アレルギーが明らかな場合には接種できません。ワクチン接種には同意書が必要です。また健康保険は使えません。

学校や職場への復帰

一般的に個人差がありますがインフルエンザウイルスは発症前日から発症後3~7日間患者さんから排出されます。 ウイルス量は経過とともに減少しますが、学校保健法では、インフルエンザによる出席停止期間は解熱後2日を経過するまで、とされています。職場復帰の目安もほぼ同様に扱われることが多いようです。

文責: 感染制御センター外部リンク
最終更新日:2011年12月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院