音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 女性の健康上の問題 > 子宮頸がん

子宮頸がん

しきゅうけいがん

概要

子宮頸部に原発するがんを子宮頸がんといいます。わが国では子宮頸がん検診が普及した結果、子宮頸がんの罹患数は漸減傾向でしたが、近年はやや漸増傾向です。その原因としては20~30代の若年発症例が急速に増加していることがあげられます。

子宮頸がんの発生には、その大部分にヒトパピローマウイルス(HPV:Human papillomavirus)の感染が関与していると言われており、近年、子宮頸がんの一次予防対策として主に思春期の女性を対象にHPVワクチンの接種が行われています。

子宮頸がんは通常、初期の段階では症状がないことが多いです。症状がなくても定期的に子宮頸がんの検診を受けることが勧められています。子宮頸がんの病変の広がりとともに不正出血などの症状がみられる場合があります。

症状

  • 不正出血(性交時接触性出血)
  • おりもの
  • 骨盤部や腰の痛み
  • 足のむくみなど

診断

検査

子宮頸がん

治療

子宮頸がんに対しては主に、手術療法、化学療法、放射線療法の3つの治療法があります。それらが頸がんの病状に合わせて単独に、あるいは組み合わせて使い分けられています。

手術療法

手術療法には子宮を摘出する術式のほか、子宮の摘出を伴わない術式があります。

  1. 子宮頸部レーザー蒸散術
    主に子宮頸部の異形成(前がん病変)に対して行われている手術です。慶應義塾大学病院では外来手術室で行い、レーザー光線で子宮頸部の上皮を蒸散します。手術時間は15分程度で軽度の痛み、熱感を伴います。また多くの報告でこの手術による妊娠・出産への影響は少ないとされています。
  2. 子宮頸部円錐切除術
    子宮頸部を円錐状の組織として切除する手術で、子宮を温存することのできる術式です。この手術の目的は診断を確定することと同時にどの程度の追加治療が必要であるのかを明らかにすることにあります。手術検体の病理診断によっては追加治療が必要となることもあります。(子宮頸部円錐切除術外部リンク
    子宮頸部円錐切除術
  3. 広汎/準広汎子宮全摘出術
    患部を子宮と腟の一部、周囲の組織を含め骨盤壁近くから広い範囲にわたって切除します。子宮頸がんに関連する所属リンパ節も同時に切除します。
  4. 広汎性子宮頸部摘出術
    将来的な妊娠の可能性を残したい方に実施する治療法です。現時点ではある意味で臨床研究中の治療法であり、対象症例も限られますので担当医にご相談ください。
    子宮頸癌に対する広汎性頸部摘出術外部リンク


化学療法

化学療法は、抗がん剤を用いて体内のがん細胞の増殖抑制を狙います。薬剤は、通常、点滴静注注射で投与をおこないますが、経口剤としての内服や筋肉注射で投与することもあります。 化学療法は術後の補助療法としてのほか、子宮頸がんが子宮の外に拡がっている場合にも対象となります。

放射線療法

放射線治療には、がん細胞に障害を与え腫瘍を縮小させるために、高いエネルギーのX線が用いられます。実際に放射線治療を行う場合、体外から照射を行う外照射と局所に行う腔内照射の2種類の方法を組み合わせて行うことが多いです。化学療法と組み合わせた同時化学放射線療法(concurrent chemoradiotherapy :CCRT)を行うこともあります。

  1. 外部照射
    直線加速器(リニアック)と呼ばれる大型の機械で、体の外から体内の病巣部に放射線を照射します。通常は、1日1回の治療を5~6週間かけて行います。治療が必要な範囲の形に合わせた正確な照射範囲を定めるために、専用のコンピュータを用いて最適な照射計画を選択します。
    外照射
  2. 腔内照射
    子宮内に治療用器具を挿入し、子宮の中から放射線治療を行う方法です。子宮の近くにたくさんの放射線をあてることができます。1週間に1回で2~4回程度行います。
    腔内照射

慶應義塾大学病院での取り組み

婦人科では治療後のフォローアップを目的とした子宮頸部腫瘍外来(水曜午後)を開設しています。詳しくは担当医にお尋ねください。

さらに詳しく知りたい方へ

  • 患者さんとご家族のための子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん治療ガイドライン / 日本婦人科腫瘍学会編集 第2版.東京 : 金原出版, 2016.4
  • 子宮頸癌治療ガイドライン. 2011年版外部リンク / 日本婦人科腫瘍学会編集東京 : 金原出版, 2011.11

文責:婦人科外部リンク放射線治療科外部リンク
最終更新日:2016年11月29日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院