音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 女性の健康上の問題 > 脂質異常症

脂質異常症

ししついじょうしょう

概要

更年期以降の女性に起こりやすい生活習慣病のひとつで、以前は高脂血症と言われていました。脂質代謝異常は基本的に、家族性高コレステロール血症などの遺伝的な原因とともに、加齢、食事・運動など生活習慣に起因すると考えられていますが、更年期の女性は血液中の脂質異常が起こりやすく、そのため動脈硬化による病気も起こりやすくなっていることにも注意が必要です。女性に特化しない「脂質代謝異常症」は生活習慣病のもとにあります。

女性ホルモンの一つであるエストロゲンが、脂質の代謝に深く関わっていることが分かっており、閉経すると体内のエストロゲンの量が急に減りはじめます。これに伴って、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)やトリグリセライド(中性脂肪)は急に増えていきます。LDLコレステロールは閉経前より20%くらい高くなり、60歳頃には女性の平均値は男性を上回ります。

脂質異常症では自覚症状を起こすことはほとんどなく、検診により指摘され受診するケースがほとんどですが、動脈硬化の重要な危険因子であり、これにより脳血管障害や虚血性心疾患など動脈硬化性疾患を合併し生命に危険をもたらすファクターとなります。また婦人科領域では、手術による卵巣摘出や放射線照射による卵巣機能不全も要因の一つとなります。

図1

(Kannel WB, Hjortland MC, McNamara PM, et al. Ann Intern Med 85 :447-452,1976)

図KO-31

診断

脂質異常症は、空腹時のLDLコレステロール・HDLコレステロール(善玉コレステロール)・トリグリセライド(中性脂肪)の値で診断されます。

表1

(動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2012年度版 より)

脂質異常症は、高LDLコレステロール血症・低HDLコレステロール血症・高トリグリセライド(中性脂肪)血症に大別され、どのタイプも動脈硬化を促進しますが、最も問題になるのはLDLコレステロール値が高い場合です。実際はLDLコレステロールとトリグリセライドの両方の値が高いケースが多く、さらに動脈硬化が早く進むため心血管疾患のリスクが増します。

治療

病院で治療を受けなければならなくなる前に、日頃の健康管理が大切です。定期健診を受けて脂質異常症の原因となるコレステロールと中性脂肪の値をチェックしておきましょう。他の病気が原因の二次性の脂質異常症の場合もありますから他の数値もチェックして、早期治療を心がけることが大切です。そして、脂質異常症の予防だからといっても、むやみに食事制限をしたりして抵抗力の低下を招いたり、過激な運動で心臓や足腰に負担を掛けすぎるのは避けましょう。

食事療法:コレステロールの多い食品や動物性脂肪を控え、食物繊維を十分にとります。 運動療法:適度な運動として散歩がよいです。
薬物治療:スタチン系(クレストール、メバロチン)、フィブラート系(べザトール)などの薬剤が用いられます。

表1

慶應義塾大学病院での取り組み

当科では脂質異常症の診療を行う健康維持外来を月曜午後に開設しています。詳しくは担当医にお尋ねください。

文責: 婦人科外部リンク
最終更新日:2014年10月14日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院