音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 女性の健康上の問題 > 遺伝性乳がん卵巣がん症候群

遺伝性乳がん卵巣がん症候群

いでんせいにゅうがんらんそうがんしょうこうぐん

概要

家系内に乳がんや卵巣がんになった方が多くいる場合、遺伝性乳がん卵巣がん症候群 (hereditary breast and ovarian cancer: HBOC)の可能性があります(HBOCの可能性がある方を拾い上げるための問診票(日本HBOCコンソーシアム)外部リンク)。
HBOCはBRCA1またはBRCA2(BRCA1/2)という遺伝子の変化(変異)を持っていることが原因です。BRCA1/2の遺伝学的検査を行う事で、本人や血縁者に対してがん予防策を検討することが可能となります。

症状・診断

遺伝性乳がん卵巣がん症候群の診断はご本人の症状のみからは判断できず、BRCA1/2の遺伝学的検査によります(自費検査)。BRCA1/2検査は一般と同様の採血により判定して、結果が出るのに約1ヶ月かかります。

治療

BRCA1/2検査をする目的は、結果を「がん予防」につなげて、「がんによる死亡を減らす」ことです。ここではBRCA1/2遺伝子変異を持った方のうち、がんを発症していない人(未発症者)と発症した人に分けて対策を考える必要があります。
未発症者に対してはリスク低減手法を考えることになります。現時点でBRCA1/2遺伝子変異を持った方に対する最も確実ながん予防法は、リスク低減卵管卵巣摘出術(risk-reducing salpingo-oophorectomy: RRSO)です。RRSOはがん発症リスクを下げて、卵巣がん・乳がんによる死亡率を改善するのみならず、全ての原因による死亡率を低減できることが判明しています。

慶應義塾大学病院での取り組み

慶應義塾大学病院産婦人科では診療時に家族歴を聴取しております。自分ががん家系ではないかと心配である方はこちらをダウンロードして記載して、診療時に担当医にお渡し下さい。

慶應義塾大学病院産婦人科ではBRCA1/2遺伝子変異保持者に対するRRSOを、倫理委員会の承認のもとで行っています。また臨床遺伝学センター外来(水曜午前:予約制)外部リンク、卵巣腫瘍外来(水曜午後)を開設しておりますので、乳がんや卵巣がんにかかった方、血縁に乳がんや卵巣がんが多くいる未発症の方ともに不明点があればご連絡ください(臨床遺伝学センター外来外部リンク)。
さらにRRSO後の卵巣欠落症状、更年期症状については女性健康維持外外来(月曜日午後:予約制)外部リンク でもフォローアップいたします。

さらに詳しく知りたい方へ

  • 遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)をご理解いただくために(Ver.3)外部リンク(特定非営利活動法人日本HBOCコンソーシアム)
  • 遺伝性婦人科癌 : リスク・予防・マネジメント / カレン H.ルウ編集, 青木大輔監訳 東京 : 医学書院, 2011.11
  • Clinical utility of a self-administered questionnaire for assessment of hereditary gynecologic cancer. Masuda K, Hirasawa A, Irie-Kunitomi H, Akahane T, Ueki A, Kobayashi Y, Yamagami W, Nomura H, Kataoka F, Tominaga E, Banno K, Susumu N, Aoki D. Jpn J Clin Oncol. 2017. DOI: 10.1093/jjco/hyx019

文責: 婦人科外部リンク
最終更新日:2017年3月13日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院