音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > あたらしい医療 > "がん専門初診外来"紹介 -腫瘍センター-

"がん専門初診外来"紹介 -腫瘍センター-

専門家がワンフロアーに結集したセンター

腫瘍センターは、がん治療のみでなく、それに伴うあらゆる問題に対応するために、それぞれの専門家が集結し構成された組織です。様々な領域のがん専門医、看護師、薬剤師、理学療法士などがワンフロアに集まることにより、がん治療の中で生じる様々な不安・問題に対応し解決しております。

たとえば、次のような状況に遭遇した患者さんをトータルケアいたします。

  • 健康診断で「お腹の中に腫瘍がある」と言われたが、何科にかかればいいのだろうか?
  • かかり付けの医師に「胃に腫瘍がある」と言われたが、内視鏡治療で取り切れるのだろうか?
  • 「大腸がんでリンパ節転移がある」と言われたが、内科と外科のどちらにかかればいいのだろうか?

がん患者さんの診療において、従来の縦割りの診療科体制で生じる、1)どの診療科にかかるべきかわかりづらい、2)いろいろな診療科をまわらなければならない、3)検査や治療方針の決定に時間がかかる、などの問題を解決するために、腫瘍センター"がん専門初診外来"が開設されました。この外来は、がん患者さんが受診しやすく、かかりつけ医からも紹介しやすくなるよう、がん患者さんを包括的に受け入れ、患者さんの視点に立って受診者に負担の少ない外来を目指しています。実際に、大きな病院からの紹介に留まらず、患者さんにとって身近な存在でもあるクリニックや診療所等かかりつけ医からの紹介が多いことも特徴です。

"がん専門初診外来"では、がんの早期診断システムと、がん関連の専門家が集結したカンファレンスにより、すべての初診患者を対象とした正確な診断と、最適な治療戦略を策定します。がん患者さんの不安を一日でも早く取り除くために、原則1週間以内の診断と治療開始を目指しております。

図
図

"がん専門初診外来"ご案内

  1. 電話での予約:03-3353-1257(外来予約センター)
    • 医療機関からの予約:9時~19時、第2・4・5土曜日は17時まで
    • 患者さんご自身による予約:9時~16時
  2. Web予約システム(医療機関のみ)外部リンク
    • 「腫瘍センター」ページ内の、がん専門初診外来申込フォーム(医療機関専用)を使 ってお申し込みください。
    • 予約時に必要な書類:診療情報提供書、検査データ等

※あらかじめ患者さんの情報を頂ければ、初診当日に内視鏡、CT検査などの精密検査を受けて頂く事も可能です。

現在は、消化器がん(食道がん、胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆管がん、肝臓がん、GISTなど)、肺がん、乳がんを対象としています。順次、その他のがんを対象に展開していく予定です。

図

最終更新日:2014年3月1日
記事作成日:2014年3月1日

▲ページトップへ

あたらしい医療

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院