音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > あたらしい医療 > より安全な口腔インプラント手術 -歯科・口腔外科-

より安全な口腔インプラント手術 -歯科・口腔外科-

はじめに

歯科で注目を集めている「口腔インプラント治療」、すなわち、失った歯を「人工歯根」で解決していく治療について、興味はあるけれどご心配な方もいらっしゃると思います。来院された患者さんに伺ってみると、「やはり手術なので怖い」、「どれだけお金がかかるかわからない」、「治療期間はどのくらいなのか」、「ブリッジや入れ歯と比べて耐久性や使い心地は違うのか」といったご意見が多くあります。私どもの施設は、歯科の中でも口腔外科の専門性が高いため、インプラント治療のうち、手術の部分を歯科医院からの紹介で行うことが多く、ここでは、皆様が安全なインプラント手術をお受けになるになるための知識について、述べたいと思います。

術後合併症を知って手術に臨むこと

今まで何らかの手術経験のある方は、術後合併症の可能性について手術前に医師からの説明を受け、同意の上で手術をお受けになったと思います。同じ様に、口腔インプラント手術も手術である以上、術後合併症を来す可能性があります。勿論、その確率は極めて低いのですが、合併症を生じた患者さんにとっては,それは苦痛以外の何ものでもありません。ですから、よく噛めるようになる治療をお受けになる前に、起こりうる合併症についても十分に理解し、また、そのようになった場合、どのような対処法があるのか、また、どのような経過を辿るのかといったことを事前に知っておかねばなりません。

起こりうる合併症と対策

インプラント手術では、あごの骨にインプラントを埋め込む前のステップとして、骨の中にドリルで穴を開ける必要があります。学会主導の調査によると、インプラント手術関連の重篤な医療トラブルで最も多いのは、下あご内に走っている神経をドリルで損傷したことによる痺れの発現で、インプラント手術ならではの特徴的な合併症とも言えます。次いで多いのが、上あごに在る空洞(上顎洞)へのインプラント体の迷入、上顎洞の炎症が挙げられ、この他、インプラント周囲炎、異常出血、ドリルの骨外穿孔等が起こりえます。これらの合併症を防ぐには、先ずは術前の十分な診断が大切で、とくに、ドリルを行う骨を3次元的に評価できるCTの有用性が極めて高いと言われています。最近は、着替えをせずに座って撮影でき、解像度も高く、従来のCTよりも低被曝のコーンビームCTがあり、非常に便利になってきています(図1)。コーンビームCTを用いると、インプラントを埋め込む骨の量や形態が、付属のソフトウェアで細かく把握でき、神経損傷やドリルの骨外穿孔の防止に大いに役立ちます(図2)。なお、これらのテクノロジーを駆使してインプラント手術を行っても、長期の術後違和感が生じる方がいらっしゃいます。短期的な違和感は術後の痛みや腫れが原因であるため、間もなく治癒しますが、中には原因不明で治療も奏功しにくい慢性的な異常を感じ続ける方もいらっしゃいます。

図1

図1 コーンビームCT装置。着替えは必要なく、椅子に座ったまま撮影を行います。

図2

図2 コーンビームCT付属のソフトウェアを用いた術前分析の様子。画像上で仮想的にインプラントを埋め込み、骨内にある神経管との距離を計測します。

全身疾患、喫煙の影響

全身疾患、とくに、コントロール不良の糖尿病やステロイド投与中の方、喫煙されている方は、手術時だけでなく、その後もインプラント周囲の炎症、感染といった合併症を起こし易くなります。炎症や感染がひどくなるとインプラントが脱落する可能性もあります。

口腔機能ケアの重要性

自分の歯でいつまでも食べられるように、また、最近では、脳血管障害やがん治療に必要な支持療法(サポーティブケア)として、歯科医師や歯科衛生士、看護師による専門的な口腔機能ケアが注目を集めています。インプラント治療においても口腔機能ケアはたいへん重要です。術前には口全体の口腔衛生指導やクリーニングなどの処置を受け、術後も歯科医院での定期的なチェックや専門的クリーニングを受ける必要があります。虫歯や歯周病の対策として、日本は長い間、悪くなったら歯科医院にかかるという発想が蔓延していましたが、最近は、定期的にかかりつけ歯科医院で予防的にチェックやクリーニングを受ける発想に転換してきました。インプラントも同様で、手術前後だけでなく、インプラントで噛めるようになった後も、周囲炎を予防してインプラントを長持ちさせるために口腔機能ケアは必須のものとなっています。

まとめ

インプラント治療は正しく行えば決して怖いものではなく、咀嚼能力の向上や口腔全体の環境を整える手段として、包括的歯科医療の大切な一役を担っています。上記のような説明も担当医師から十分に聞いて、ご納得の上で治療を受けられることをお勧めします。

当院でのインプラント治療への取り組み

当院でのインプラント治療につきましては、「歯科インプラント」にも記載していますのでご参照ください。がんなどの口腔腫瘍、顎顔面外傷、顎骨骨髄炎、外胚葉異形成症等の先天性疾患のため、広範囲にあごや歯を失ってお悩みの方は、保険適用でインプラント治療が行える場合があります。とくに、口腔腫瘍術後や外傷後のあごと歯の欠損に対しての、骨再建を併用したインプラント治療については、当院口腔外科が最も力を注いでいる分野であり、「口腔腫瘍」もご覧いただけたら幸いです(図3)。

図3

図3 左側の下あごに生じた顎骨腫瘍(左の写真)、腫瘍切除、金属プレートを併用した骨再建を経たインプラント治療による咬合再建(右の写真)。

最終更新日:2014年2月6日
記事作成日:2014年2月6日

▲ページトップへ

あたらしい医療

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院