音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > あたらしい医療 > 生物学的製剤について -リウマチ内科-

生物学的製剤について -リウマチ内科-

1. 関節リウマチとは

関節リウマチは免疫の異常によって関節に炎症がおこり、腫れや痛みが生じる病気です。4倍程度女性に多く、日本には60-100万人の患者さんがいると考えられています。原因はわかっていませんが、遺伝的な要因に、出産や喫煙、感染症など環境の要因が重なって起こると考えられています。関節リウマチはただ痛いだけではなく、無治療のままでは関節の中の骨や軟骨、腱が破壊され、関節が変形していきます。かつては治らない難病とされていましたが、現在は抗リウマチ薬の進歩によって、「寛解」という関節の痛みや炎症がない状態へとコントロールすることが可能となってきました。

関節リウマチの治療薬には、痛みを和らげるための薬と免疫異常に働きかける抗リウマチ薬があります。従来は、最初は痛み止め、次いで抗リウマチ薬、効果不十分であれば他の薬剤追加または変更といった一つ一つの段階的な治療の強化を, 明確な指標なく半年や1年など長い時間をかけて行っていました。しかし, 関節リウマチの関節破壊は発症2年以内に急速に進行することがわかり、現在は寛解という明確な治療目標と指標のもとに, 早期から積極的かつ強力に抗リウマチ薬によって治療することが推奨されています。抗リウマチ薬には、大きく分けて免疫抑制(修飾)薬と、数年前から使用可能となった生物学的製剤があり、ここでは生物学的製剤についてご紹介致します。

図1

図1

2. 生物学的製剤(最新の情報は「関節リウマチの分子標的治療」をご参照ください。)

生物学的製剤とは、化学的に合成したか薬剤ではなく、生物から産生される物質(蛋白質)を応用して作られた治療薬の総称です。様々な研究によって、関節リウマチではサイトカインとよばれる免疫に関わる物質が通常よりも増えて, 関節に炎症を起こし破壊を進行させることがわかりました。そして, これらサイトカインの働きや、それを産生する細胞の働きを抑える生物学的製剤が開発されたのです。現在日本で使用可能な生物学的製剤は5種類あり(表)、投与法、投与間隔、抑えるサイトカインや細胞の種類などにそれぞれ特徴があって選択する際に考慮をします。いずれの薬剤も関節炎を抑え、痛みや腫れを軽減し、寛解を維持し、そして最も大切な関節破壊を抑制するという高い効果を発揮します。関節破壊を抑制するということは、将来の関節変形や日常生活の困難を防ぐことができるということです。効果は、有効が8-9割、中でも著効が3-4割の方に認められます。寛解の状態が続いた方の中には、生物学的製剤を中止しても寛解を維持することができる方もいます。これら薬剤によって破壊された関節が修復されることがあることもわかっています。

薬剤名

一般名

治療の標的

投与法

投与間隔

レミケード®

インフリキシマブ

TNF

点滴

4-8週毎

エンブレル®

エタネルセプト

TNF,LTα

皮下注射

1週間に2回

ヒュミラ®

アダリムマブ

TNF

皮下注射

2週毎

アクテムラ®

トシリズマブ

IL-6

点滴

4週毎

オレンシア®

アバタセプト

T細胞

点滴

4週毎

表 現在日本で使用可能な生物学的製剤

図2 赤で囲まれた骨びらんがTNF阻害剤開始2年後に修復されています

図2 赤で囲まれた骨びらんがTNF阻害剤開始2年後に修復されています

生物学的製剤は大変優れた薬ですが、副作用や課題もあります。免疫の働きが抑制されますので、肺炎や結核などの感染症に注意が必要です。発疹やアレルギー反応を起こすこともあります。すべての方に効果があるわけではなく、効果のない方もいます。また、健康保険の3割負担で月数万円程度と値段が高いことが最大の課題かもしれません。

3. 慶應義塾大学病院 免疫統括医療センター

生物学的製剤による治療を受けている方は年々増加しています。製剤によっては関節リウマチの他にクローン病、眼ベーチェット病、乾癬、強直性脊椎炎、潰瘍性大腸炎などにも使用することが正式に認められています。慶應大学病院では、これら免疫難病に対する最先端の治療をよりスムーズに安全に行うため、平成22年9月より免疫統括医療センターを開設しました。免疫統括医療センターは、リウマチ内科、消化器内科、皮膚科、整形外科、眼科と看護部門、薬剤部門が協力し合い、エキスパートを集結したユニットです。本センターで生物学的製剤治療や自己注射指導を行い、より多くの患者さんに快適かつ安全に治療を受けて頂くことができるよう、力を注いでおります。

図3 滅菌操作で点滴調剤を行っています

図3 滅菌操作で点滴調剤を行っています

図4 リクライニングチェア14台、ベッド3台で治療を行っています

図4 リクライニングチェア14台、ベッド3台で治療を行っています

図5 専用スペースで自己注射指導を行っています

図5 専用スペースで自己注射指導を行っています

関連リンク

最終更新日:2014年8月21日
記事作成日:2010年10月1日

▲ページトップへ

あたらしい医療

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院