音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > あたらしい医療 > 脊椎内視鏡・低侵襲手術 ―整形外科―

脊椎内視鏡・低侵襲手術 ―整形外科―

はじめに

近年、当院では脊椎手術において積極的に内視鏡・低侵襲手術を施行しています。低侵襲手術は、従来の方法と比較して以下に示すような多くのメリットがあります。

  1. 傷が小さい。
  2. 組織への侵襲が少ない。
  3. 術後の痛みが少ない。
  4. 入院期間が短縮できる。
  5. 社会復帰が早い。
  6. 腰背部筋肉の萎縮が少ない。

脊椎低侵襲手術の歴史

以下は本邦における腰椎低侵襲手術の歴史です。

1975年  

経皮的椎間板摘出術(Percutaneous Nuclectomy: PN;土方)の開発

1977年

低侵襲椎間板切除術(Casparら)の導入

1999年

MicroEndoscopic Discectomy (MED)System の導入

2004年

腰椎棘突起縦割椎弓切除術(渡辺ら)の開発

2005年

低侵襲腰椎後方固定術の導入


手術の適応となる疾患

当院では主に以下に挙げる腰椎疾患に対して低侵襲手術を施行しています。

  1. 腰椎椎間板ヘルニア
  2. 腰部椎間板症
  3. 腰椎脊柱管狭窄症
  4. 腰椎変性すべり症
  5. 腰椎変性側弯症
  6. 腰椎分離症・分離すべり症
  7. その他

手術の種類と方法

個々の患者の診断や病態を考慮し、最もふさわしいと思われる治療法を選択しています。主な治療法とその特徴について記載します。

1、内視鏡下椎間板切除術

(Microendoscopic Discetomy:MED) 腰に約2cmの切開を加え、そこに筒を設置し3mm径の内視鏡を装着し、特殊な手術器具を用いて筒の中を通じて手術を行います。対象となる疾患は、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄(症)、腰椎変性すべり症、腰椎分離(すべり)症の一部などです。原則、手術翌日より起立・歩行を開始します。入院期間は最短で約4日程度ですが、病態により異なります。また手術後は軟らかいコルセットを装着します。

内視鏡椎間板切除イメージ図

内視鏡椎間板切除イメージ図

図

手術前

手術後

神経の通り道(脊柱管)へ突出したヘルニアが手術により除去されている。また、筋肉のダメージが極めて少ない。

2、腰椎棘突起縦割椎弓切除術

本教室の渡辺らが開発した術式で、腰に約5cmの小切開を加えて、棘突起という骨を割って筋肉を保護しながら手術を行います。対象となる疾患は、腰部脊柱管狭窄(症)、腰椎変性すべり症などです。通常、手術翌日より起立・歩行を開始します。入院期間は最短で約7日程度ですが、病態により異なります。また手術後は軟らかいコルセットを装着します。

図


3、低侵襲腰椎後方固定術

(Minimally invasive surgery-posterior (transforaminal) lumbar interbody fusion:MIS-PLIFあるいはMIS-TLIF)
近年日本で普及しつつある術式で、欧米では一般的な術式です。従来の後方固定術(PLIFあるいはTLIF)では約10-12cmの切開が必要でしたが、この手法ですと約3cmの切開が2ヵ所程度ですみます。上記のMEDと同様に直径約22-26mmの筒を設置後に内視鏡を装着し、その筒の中を通して手術を行います。対象となる疾患は、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症、腰椎分離症・分離すべり症の一部などです。原則、手術翌日より起立・歩行を開始します。入院期間は最短で約7日程度ですが、病態により異なります。
また手術後は硬いコルセットを装着します。

手術前

手術前(階段状に背骨がずれている:矢印)

手術後

手術後(ずれている背骨が矯正されている:線)

傷は両サイドに縦に約3cmと小切開

傷は両サイドに縦に約3cmと小切開

その他

  • 当院では、腰椎のみならず頚椎や胸椎の疾患に対しても積極的に低侵襲手術を取り入れています。
  • 一人一人の病態を詳細に把握するため、診察・画像所見のみならず、SF36やRolandやODIといった症状のアンケート調査も施行しています。これらを総合的に評価し病態に合った最良と思われる治療法を選択しています。したがって、低侵襲手術はすべての疾患や病態に適応があるわけではありません。詳細は外来主治医にお尋ねください。
  • 脊椎専門医の外来は原則的に予約制です。
  • 初診の場合、必ず外来が休診でないことを前もって電話でご確認の上、可能な限り他院からの紹介状とレントゲンやMRI画像のコピーをご持参下さい。

担当医師

当院では、2009年4月現在、主に千葉一裕准教授、松本守雄准教授、石井賢助教、渡辺航太助教の4人の医師が脊椎内視鏡・低侵襲手術に従事し、安全で精度の高い手術を心がけています。日本整形外科学会の脊椎内視鏡技術認定医は2名在籍しています(松本准教授、石井助教)。

担当医師


関連リンク

最終更新日:2009年4月10日
記事作成日:2009年4月10日

▲ページトップへ

あたらしい医療

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院