音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > くすりを知る > くすりの正しい使い方 > 坐薬

坐薬

坐薬とは

医薬品を基剤に均等に混和し、一定の形状に成型して肛門又は膣に適用する固形の外用剤です。体温によって溶けるか、軟化するか、または分泌液で徐々に溶ける薬です。

<肛門坐薬>

挿入しやすいように先細りした魚雷型が、挿入した時に自然に直腸内に入り、再排出しにくい型として一般に多く利用されています。この型は肛門内にはいると最大径の部分が肛門括約筋の収縮により排出しないようになっています。坐薬の大きさは、大きすぎても小さすぎても挿入しにくいので、重さでは、大人で平均約2g前後、小児では1g前後が一般的です。又、坐薬は融解後の用量も考慮し、乳幼児の場合は1ml、小児の場合は1.5ml、大人で1.5~3mlが適当とされています。

<膣坐薬>

膣坐薬は、球形又は卵形で、大きさは種々ありますが、大きさは平均して2~4gです。本剤は、トリコモナス膣炎やカンジダ菌などによる女性泌尿器の感染症及び避妊用等に用いられます。

坐薬の特徴

  • 直腸からの吸収は肝臓を通過しない部分があるため、薬物の分解が少ない。
  • 内服剤のように胃腸内の分解はない。
  • 注射剤や内服剤よりも安全で、注射剤の様なショックや内服剤にある胃腸障害がない。
  • 吸収には他剤や食事などの影響がなく、効果は比較的一定である。
  • 嘔吐・けいれんの場合も投与できる。
  • 味・臭いの悪い薬剤でも投与できる。
  • セルフメディケーションとして家庭療法に適する。

使用上の注意

1)挿入前の注意

  • 本剤は直腸・膣にのみ使用し、飲まないように注意して下さい。
  • 包装から取り出してから使うこと。
  • あらかじめ手をよく洗ってから取り出すこと。
  • 排便してから使用すること。特に小児は排便の有無を必ず確かめてから挿入すること。

2)挿入時の注意

  • 坐薬の後部をチリ紙やガーゼなどで摘み、先の太い尖端から肛門内や膣に出来るだけ深く挿入すること。
  • 挿入は中腰か横向きに寝た姿勢で入れると挿入しやすく、3/4程挿入した後、立ち上がると比較的簡単に挿入できる。膣坐薬は両脚を広げた楽な姿勢をとり、清潔な人差し指で挿入して下さい。
膣錠の使い方 肛門坐薬の使い方
  • 冷却しすぎて挿入時痛いときは、体温で暖めると挿入しやすくなります。又、軟化しすぎて挿入しにくい時は、いったん冷蔵庫か水(20度以下の水)に浸して固化してから挿入します。滑りにくい時は、坐薬を水又はグリセリンなどでぬらしてから挿入します。但し、水は適さない場合があるので注意して下さい。
  • 肛門内に挿入した後、排出を防ぐため、4~5秒間押さえてください。

3)挿入後の注意

  • 挿入後20~30分間は歩行や激しい運動を避けて安静にしてください。
  • 挿入後、異物感がありますが、10~30分後に完全に軟化溶解します。又挿入後水様の排泄物が出る場合がありますが、心配しないで下さい。

保管上の注意

  • この薬を飲んではいけません。
  • 小さいお子様が使用しないよう、お子様の手の届かないところに保管してください。
  • 冷所保存の坐剤は、室温ないし室温以上の温度では、溶解点や主薬の放出時間などに変化を起こすことがあるので、冷所で保管してください。

文責:薬剤部外部リンク

最終更新日:2011年12月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院