音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > くすりを知る > くすりの正しい使い方 > 飲み薬

飲み薬

お薬の飲み方や飲む量は、症状や年齢、体質などいろいろなことを考えた上で決められています。ですから、医師の指示通りに正しくお薬を服用することがとても大切です。自分の判断で、お薬の飲み方や飲む量を変えてしまうと、本来の効果が出なかったり、場合によっては、副作用がでてしまう恐れもあります。お薬の飲み方や飲む量を、薬袋や説明書でよく確認してから飲みましょう。わからない点があれば、遠慮なく医師や薬剤師にお尋ねください。

ここでは、お薬を飲む時の一般的注意をQ&A方式で紹介します。

<Q>
お薬を水以外(お茶、牛乳、ジュース等)で服用してもよいですか?
<A>
お薬によっては吸収が妨げられたり、効果が強く現れる場合があります。
お薬は、コップ1杯の水またはぬるま湯で服用しましょう。

<Q>
水なしで、お薬を飲んでもいいですか?
<A>
飲み薬は、コップ1杯の水またはぬるま湯で服用しましょう。(※トローチ、舌下錠、チュアブル錠など、水なしで飲めるものは除く)
水なしでお薬を服用すると食道につかえてしまい、食道に潰瘍ができてしまうことがあり危険です。
とくにお年寄りには大切です。お年寄りには様々な生理機能の低下がみられ、また飲み込む力の低下や唾液流量も少なくなっているために、お薬を飲むときに十分な水を摂らないと、お薬が食道に付着して薬剤性の潰瘍を生じる危険性が高くなります。寝たきりのお年寄りの場合は、その際なるべく体を支えて起こしてあげることも必要です。
また、水の量が少ないと、お薬が胃の中で溶けづらくなるので、お薬の吸収が遅くなってしまい、効果が十分に発揮できない恐れがあります。

<Q>
錠剤をかみ砕いたり、カプセルを開けて服用してもいいですか?
<A>
錠剤やカプセルには、様々な工夫がされています(例えば、徐々に溶けて効果が長く続くお薬や、胃で溶けずに腸で溶けるお薬など)。
錠剤をかみ砕いたり、カプセルを開けて服用することで、これらの薬の長所がなくなってしまうので、絶対に避けてください。
錠剤やカプセルが飲みにくい場合には、医師または薬剤師にご相談ください。

<Q>
「このお薬は水なしでも飲めます」とお薬の袋に書いてありましたが、どのように飲めばよいのですか?
<A>
最近増えてきた、口腔内崩壊錠というお薬です。口の中ですぐに唾液で溶けるように作られています。口の中で溶かしてから飲み込んでください。通常のお薬と同様に水かぬるま湯で飲んでもかまいません。

<Q>
粉薬は一回に何包飲めば良いのですか?
<A>
特に指示がない場合は、一回一包お飲みください。

<Q>
液剤を飲むときはどのような点に注意すれば良いですか?
<A>
ビンの底にお薬が沈殿していることがあるので、飲む前に容器をよく振って中身を混ぜましょう。
指示札に書かれた指示量を守り、添付のカップやスポイトで計るようにしましょう。
直接容器に口をつけたり、薬を飲ませるのに使ったスポイトを容器に戻しいれたりすると雑菌が入って、薬が腐敗しやすくなります。必ず毎回別の容器に移してから飲んでください。

<Q>
お薬を飲み忘れたときはどうしたらよいですか?
<A>
次の服用時間まで、時間がある時は、すぐ飲みましょう。次の服用時間に近かったり、その時間が来てしまった場合は、1回分はあきらめます。
2回分まとめて飲んだりすると、副作用が出る恐れがあるので絶対にやめてください。糖尿病薬など決して忘れてはいけないものもありますので、詳しくは医師または薬剤師にご相談下さい。

<Q>
症状がよくなったらお薬をやめてもよいですか?
<A>
急にお薬をやめると、反動からかえって症状が悪化する場合があります。
病院で処方されたお薬は、勝手にやめず医師にご相談下さい。

<Q>
妻のかぜがうつったようです。全く同じ症状なので妻の薬を飲んでもいいですか?
<A>
お薬の種類や量は、病状、体重、年齢等総合的に判断して処方されたものです。
ご自分のお薬を他人にあげたり、反対に他人からもらわないようにしましょう。

<Q>
食後服用のお薬はいつ飲めば良いのですか?食後服用にはどういう意味がありますか?
<A>
食後服用のタイミングは食後30分以内です。食後服用は胃の中に食べ物があることで薬が胃を荒らすのを防ぐ意味があります。

<Q>
食前服用と食直前服用ではどのような違いがあるのですか?
<A>
食前服用のお薬は食事の30分前に服用してください。食直前服用のお薬は食事の直前(お箸を持つ直前)に服用してください。
食前服用のお薬には、胃の中に物が入っていると吸収が妨げられるものや、食欲増進剤などがあります。
食直前服用のお薬には、糖尿病薬や食べ物と混ざって効き目を発揮するものなどがあります。

<Q>
食間服用のお薬は食事中に飲めば良いのですか?
<A>
食間服用のお薬は食事と食事の間(つまり食事約2時間後)に服用してください。
食間服用のお薬には、食事によって吸収が悪くなるものなどがあります。

<Q>
就寝前服用のお薬はいつ飲めば良いのですか?
<A>
寝る30分くらい前に飲んでください。就寝前服用のお薬には睡眠薬や作用の穏やかな下剤などがあります。

<Q>
頓服薬とは何ですか?
<A>
症状があるときに、一時的に用いる薬です。
発熱したときの解熱薬、痛むときの鎮痛薬などがあります。
1日に何回まで使用して良いか、前回の服用から最低何時間空ける必要があるかを医師または薬剤師に確認しましょう。

文責:薬剤部外部リンク

最終更新日:2011年12月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院