音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > くすりを知る > くすりを使うときに気をつけること > セイヨウオトギリソウ(St. John's Wort)含有食品

セイヨウオトギリソウ(St. John's Wort)含有食品

セント・ジョーンズ・ワートと薬剤の相互作用

セント・ジョーンズ・ワート(St. John's wort)は、別名セイヨウオトギリソウとも呼ばれるハーブの一種で、欧米では抗うつ薬として広く処方されています。日本では健康食品として市販されていますが、ある種の薬物においては相互作用に十分な注意が必要となります。

どうして?

セント・ジョーンズ・ワートは、ある種の薬物の効果を減弱させる作用があります。このハーブに含まれる成分が私たちの体内に存在する薬物代謝酵素(CYP1A2やCYP3A4)や薬物排出輸送担体(P-糖タンパク質)を増加させ、排泄を促進させるからです。気をつけなくてはならないお薬には、免疫抑制剤、抗凝固薬、強心薬、気管支拡張薬、抗ウィルス薬、抗悪性腫瘍薬などが挙げられます(詳しい薬剤名については薬剤師におたずねください)。
セント・ジョーンズ・ワートの効果は、長期にわたって服用していた場合に起こる可能性が高く、さらに服用を中止してもすぐに効果が消えるわけではありません。
したがって、該当薬剤を服用されている方は、セント・ジョーンズ・ワートの摂取は控えてください。


参考:厚生労働省 (2000年5月10日). "セント・ジョーンズ・ワートと医薬品の相互作用について"

写真:ウィキペディアより

文責:薬剤部外部リンク

最終更新日:2012年2月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院