音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > くすりを知る > くすりを使うときに気をつけること > グレープフルーツジュース

グレープフルーツジュース

グレープフルーツジュースと薬剤の相互作用

ある種のお薬はグレープフルーツジュースと一緒に服用すると、薬の血中濃度が上昇して効きすぎを起こすことがあります。気をつけなくてはならないお薬として、免疫抑制剤、降圧薬(カルシウム拮抗剤)、HIVプロテアーゼ阻害剤、HMG-CoA還元酵素阻害剤などがあげられます。(詳しい薬剤名については薬剤師におたずねください)

どうして?

この相互作用は、お薬の吸収部位である消化管内で起こります。
私たちの体内には、お薬を解毒する代謝酵素が備わっており、消化管粘膜にも存在します。グレープフルーツジュースやグレープフルーツの果肉には薬物代謝酵素(CYP3A)の働きを阻害する成分が含まれているため、お薬の分解が遅くなり、そのぶん血中濃度が上昇し、予期せぬ副作用を起こすことがあります。
また、この抑制効果は持続するため、服用の時間をずらすだけでは相互作用を回避できないともいわれています。したがって、対象となる薬剤を服用される期間は、グレープフルーツジュースや果肉の摂取は控えてください。

その他の柑橘類は大丈夫?

この効果が一番問題となるのはグレープフルーツであり、温州みかんやネーブルオレンジなどはほとんど問題ないといわれています。しかし、一部の柑橘系やその果皮の中には気をつけたほうがよいといわれているものもあります(ライムの果皮など)。



参考:医学と生物学 152(4), 117-122 (2008年)

文責:薬剤部外部リンク

最終更新日:2012年2月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院