音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 肝臓と胆嚢とすい臓の病気 > 慢性膵炎

慢性膵炎

まんせいすいえん

概要

膵臓はみぞおちの奥、胃袋の後ろ側に横たわる消化器系の臓器のひとつです。膵臓の大事な機能は二つあります。たべものの消化に必要な消化酵素を含んだ膵液を1日1000ml以上分泌して食物の消化を助けること、そして血糖値を調整するインスリンなどのホルモンを分泌して、糖尿病にならないように調整します。膵炎は膵液を出す膵外分泌腺に様々な原因で炎症が起こる病気です。膵炎には急激な炎症が膵臓に起こりみぞおちや背中に強い痛みを感じる急性膵炎と、長期間持続的な膵臓の炎症により膵臓の細胞が徐々に壊されて線維成分に置き換わり、膵臓が硬くなって機能が低下する慢性膵炎とに分けられます。

慢性膵炎は、消化酵素を分泌する膵臓の外分泌腺細胞に長期間持続的に炎症が起こることで徐々にその細胞が壊され、壊れた細胞が線維組織に置き換わることで膵臓が硬くなり、膵臓本来の機能が失われてしまう病気です。原因としてはアルコールによるものがほとんどで、このほかに胆石によるものや副甲状腺機能亢進による高カルシウム血症、原因不明のものもあります。

症状

慢性膵炎はみぞおちや背部の痛みで始まり、この鈍い痛みが長期間にわたり断続的に続きます。慢性膵炎の初期には急性膵炎様の激しい腹痛を数ヶ月後毎に繰り返す方が多いのですが、通常は7~8年ぐらい経過すると腹痛は徐々に軽くなります。これは膵臓の機能が完全に荒廃して炎症が軽減することによるもので、食欲低下、下痢、体重減少など膵臓の機能不全に伴う症状が認められます。特に下痢は悪臭を伴い薄黄色クリーム状で水に浮く脂肪便となります。これは膵臓の外分泌細胞が障害され、脂肪やたんぱく質の消化酵素の分泌が低下し消化吸収不良が生ずるためです。また慢性膵炎が長期にわたると、膵臓の線維化が膵外分泌細胞のみならず、インスリン分泌障害をも引き起こして血糖の調節ができなくなり糖尿病を発症します(図1)。

図1.慢性膵炎の進行別症状

図1.慢性膵炎の進行別症状

診断

慢性膵炎は以下の6つの診断項目の組み合わせによって診断します。

  1. CT,MRCP(磁気共鳴胆管膵管造影),腹部エコー、超音波内視鏡、ERCP(内視鏡的逆行性膵胆管造影)の検査によって特徴的な画像所見が認められる。
  2. 特徴的な組織所見が認められる。
  3. 反復的な上腹部痛みが認められる。
  4. 血液または尿の膵酵素の異常が認められる。
  5. 膵外分泌障害が認められる。
  6. 1日80g以上の持続する飲酒歴を認める。

治療

慢性膵炎の経過は長期にわたります。腹痛発作が繰り返し鈍い腹痛が持続する代償期と膵臓細胞が壊れて膵臓の機能が失われる非代償期に分けられ、病期ごとに治療法が異なります。 代償期の治療は腹痛に対する治療が中心になります。慢性膵炎による痛みは、膵臓の線維化により膵液の通り道である膵管が細くなり膵液の流れが悪くなることにより起こるため、膵管の出口を緩めるお薬を使って膵液の流れを良くする治療法を試みます。また痛みの治療として膵臓の炎症を抑えるために非ステロイド性消炎鎮痛薬を投与し、頑固な痛みの場合にはより強力な非麻薬性鎮痛薬を使用することもあります。非代償期になると膵臓の機能そのものが失われるため、膵臓から出る消化酵素が減少し、たんぱく質や脂肪の消化吸収不良がおこり下痢を起こします。この下痢に対する治療として、膵消化酵素剤の補充が必要になります。

膵管の中に石ができて膵液の流れが悪くなっている場合には、体の外から強力な超音波を石に当てて砕いて細かくし、膵管から排出させる体外衝撃波結石破砕療法(ESWL)という治療を行います。また膵管が細くなっている場合は、内視鏡を使って細くなった膵管にチューブを挿入して膵液の流れを良くする治療を行います。慢性膵炎は良性疾患であるため、可能な限りお薬や内視鏡を使った方法で治したい病気ですが、治療が難しい場合には手術を行う場合もあります。膵石がみられた場合は、膵液の通り道である膵管を切り開いて小腸とつなぎ合わせて膵液の流れを良くして痛みを取り除く手術をしたりします。

慶應義塾大学病院での取り組み

慢性膵炎の経過は長期にわたります。慢性膵炎の患者さんがより良い日常生活を送ることができるよう、生活指導を含め長期的視野に立った医療が提供できるよう心がけています。膵炎の病態解明、新たな診断法・治療法を目指した基礎研究、臨床研究にも力を入れています。

さらに詳しく知りたい方へ

  • 尾崎秀雄ほか. 肝臓・胆のう・膵臓病の食事療法. 第3版. (食事療法シリーズ ; 2) 東京:医歯薬出版, 2003.2
    膵炎を含む膵臓病患者さんのための食事療法が、写真入りで具体的な献立を挙げながらわかりやすく紹介されています。

文責: 消化器内科外部リンク
最終更新日:2016年6月3日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院