音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 肝臓と胆嚢とすい臓の病気 > 急性膵炎

急性膵炎

きゅうせいすいえん

概要

膵臓はみぞおちの奥、胃袋の後ろ側に横たわる消化器系の臓器のひとつです。膵臓には食物の消化に必要な消化酵素を含んだ膵液を出して食物の消化を助けること、血糖値を調整するインスリンなどのホルモンを分泌して、糖尿病にならないように調整するというふたつの大事な役割があります。

膵炎は膵液を出す膵外分泌腺に様々な原因で炎症が起こる病気です。膵炎には急激な炎症が膵臓に起こりみぞおちや背中に強い痛みを感じる急性膵炎と、長期間持続的な膵臓の炎症により膵臓の細胞が徐々に壊されて線維成分に置き換わり、膵臓が硬くなって機能が低下する慢性膵炎とに分けられます。急性膵炎は飲酒後、胆石、手術・外傷後、内視鏡を使用した膵管造影検査の後、血液中の中性脂肪高値などが原因で急激に膵臓の炎症が起こる病気です。

症状

食後や飲酒後、突然みぞおちや背部に強い痛みを感じます。この痛みは激烈で、通常は体をまっすぐに保つことができず上体を前屈みにしてうずくまるような姿勢になります。またみぞおちから左の肋骨下縁付近の皮膚がぴりぴりとして非常に過敏になることがあります。膵炎が進行して重症になると膵臓全体が腫れ、膵液を含んだ腹水が膵臓から漏れ出て腹部全体に広がり(膵周囲液貯留)、腸の動きが悪くなってガスが出なくなる腸閉塞を引き起こします(図1)。さらに重症膵炎では、冷や汗・めまいなどの症状が出て血圧が下がり、脈が早くなってショック状態に陥り、意識が低下するなど生命に関わる症状も出てきます。胆石が原因の膵炎では、尿の色が濃くなって茶褐色の尿が出ます。これは胆石が十二指腸の乳頭部につまって胆汁が出なくなり黄疸の症状が出るためです。

図1.急性膵炎

図1.急性膵炎

診断

脂肪分の多い食事やお酒を飲み過ぎた後などに急激な強いみぞおちの痛みを自覚した場合、急性膵炎の可能性を考えます。血液および尿検査で、アミラーゼ値が高くなっていれば急性膵炎が強く疑われ、診断確定のために腹部CT検査などの画像検査に進みます。造影剤を投与しながらCT検査を行うと膵臓の状態が良く分かるので、造影剤に対するアレルギーの既往がなければこの方法を用います。

急性膵炎の初期には部分的あるいは全体的に膵臓が腫れているのがわかります。重症の膵炎になると腫れた膵臓の中に黒く写る部分が出てきます。これは膵臓の細胞が壊れ腐って死んでしまう壊死という状態を示します。このような状態になると、死亡率が高まります。血液検査、腹部CT検査も含めて急性膵炎の重症度を正確に判定し、その重症度ごとに適切な治療法を選択することが重要です。

治療

急性膵炎は、発症初期、膵臓が腫れるだけの軽症の浮腫性膵炎から始まり、膵臓に出血の起こる出血性膵炎、さらに膵臓が部分的に壊死になる壊死性膵炎のような重症膵炎まで色々な段階があります。軽い膵炎の段階で速やかに治療を開始すれば、多くの膵炎は治りますが、重症の膵炎になると治療が非常に難しく、死に至ることもめずらしくありません。

急性膵炎と診断されれば原則入院加療が必要になります。脱水にならないように点滴により十分な水分を補います。また治療早期より痛みを取り除く事が不可欠です。普段消炎鎮痛剤としてよく使われる非ステロイド性消炎鎮痛薬もしくは非麻薬性の鎮痛剤を使いますが、必要に応じてより強力なフェンタニルなどの麻薬性鎮痛剤を使用します。原因を取り除く治療も併せて行われます。胆石が膵酵素の流出路に詰まって膵炎が起きているのであれば内視鏡を使って取り除きます。

生活上の注意

原因薬剤が明らかになれば速やかに中止し、禁酒、低脂肪食を含めた日常生活指導も必要です。

慶應義塾大学病院での取り組み

重症急性膵炎に対して、他科とも連携をとりながら、高度救命医療が提供できる体制を整えています。膵炎の病態解明、新たな診断法・治療法を目指した基礎研究、臨床研究にも力を入れています。重症急性膵炎に対する蛋白分解酵素阻害薬膵局所動注療法の有効性と安全性に関する多施設共同ランダム化比較試験外部リンク (医師主導治験)に参加しています。

さらに詳しく知りたい方へ

  • 尾崎秀雄ほか. 肝臓・胆のう・膵臓病の食事療法. 第3版. (食事療法シリーズ ; 2) 東京:医歯薬出版, 2003.2
    膵炎を含む膵臓病患者さんのための食事療法が、写真入りで具体的な献立を挙げながらわかりやすく紹介されています。
  • 重症急性膵炎外部リンク (難病情報センター)
    我が国での現状をふまえての説明がなされています。重症急性膵炎は医療費の公費負担となる対象疾患のひとつでしたが、新制度(平成27年1月1日)では対象外となります。医療費助成が受けられる方は平成26年12月31日以前に認定されている方のみです。

文責: 消化器内科外部リンク
最終更新日:2016年6月3日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院