音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 膠原病と免疫の病気 > IgG4関連疾患 (IgG4-related disease: IgG4-RD)

IgG4関連疾患 (IgG4-related disease: IgG4-RD)

IgG4かんれんしっかん

概要

IgG4関連疾患とは、血液中の免疫グロブリンG(IgG)という抗体成分のうちIgG4という成分が上昇することと、全身の臓器にIgG4を作る形質細胞という細胞などが浸潤して腫れてくることを特徴とした原因不明の疾患です。

IgG4関連疾患と思われる最初の報告は、眼や口の渇きがなく、涙腺・唾液腺の腫れる病気として、1892年にヨーロッパのMikulicz(ミクリッツ)という外科医がまとめたものでした。しかしシェーグレン症候群という病気に似ていたため、長い間、シェーグレン症候群の一種であると考えられてきました。

1990年代には、膵がんと診断され、手術で切除された膵臓に、がん細胞ではなく形質細胞が塊を作っているという現象が報告され、リンパ形質細胞性硬化性膵炎という病名がつけられました。また、膵炎の患者さんの一部に、通常膵炎では用いない免疫を抑える薬が良く効く、自己免疫性膵炎という病気があることが報告されました。

2001年に、自己免疫性膵炎患者さんの血液でIgG4という成分が増えていることが本邦で発見され、その事がきっかけで様々な病気でIgG4が測定されるようになり、今まで別々の病気だと思われていた、ミクリッツ病、リンパ形質細胞性硬化性膵炎、自己免疫性膵炎などに、全てIgG4の上昇とIgG4を作る形質細胞という細胞の臓器への浸潤が共通していることが分かり、IgG4関連疾患としてまとめられることになりました。現在では、他にも、自己免疫性下垂体炎、間質性肺炎、間質性腎炎、後腹膜線維症などと呼ばれていた疾患のうち一部がIgG4関連疾患であることが分かっています。

日本では約26,000人の患者さんがおり、比較的中高年の方に多く、男性、女性はだいたい半分ずつと考えられています。2011年に日本発の診断基準が提唱されています。

症状

形質細胞などの細胞が塊を作って、全身の臓器を押しつぶすことで、さまざまな症状が出現します(下表・下図参照)。

  • 脳でホルモンを作る下垂体とよばれる場所に起こった場合、視野の異常や、疲れやすい、血圧が低い、食欲がなく痩せる、寒がり、低体温、脱毛、尿量の異常な増加などのホルモン欠乏症状が出現します。
  • 唾液を作る耳下腺、顎下腺、舌下腺や、涙を作る涙腺に起こった場合、痛みを伴わずに左右対称に腫れてきます。この場合ミクリッツ病とも呼ばれます。
  • 膵臓に起こった場合、黄疸(白眼が黄色くなる)、軽い腹痛、糖尿病の出現などの症状が起こります。自己免疫性膵炎と呼ばれます。
  • 肺に起こった場合、動作時の息切れや咳嗽が起こります。
  • おなかの中に起こった場合、自覚症状がないのに血液検査で腎臓の機能が悪化することがあります。

どの臓器に病気が起こるかは患者さんによって違うため、全ての患者さんに共通する症状はありません。

表. IgG4関連疾患に含まれる疾患

臓器

疾患

涙腺・唾液腺

Mikulicz病、Küttner腫瘍(顎下腺)、涙腺炎、眼部IgG4関連疾患

呼吸器系

IgG4関連肺障害、炎症性偽腫瘍、縦隔線維症

消化器系

腸炎

肝・胆道系

硬化性胆管炎、IgG4関連肝障害

自己免疫性膵炎

腎・泌尿器系

IgG4関連腎臓病、後腹膜線維症(Ormond病)、前立腺炎

内分泌系

自己免疫性下垂体炎、Riedel甲状腺炎、糖尿病

神経系

肥厚性硬膜炎

リンパ系

IgG4関連リンパ節症

心血管系

炎症性大動脈瘤、大動脈周囲炎、動脈周囲炎


図.IgG4関連疾患

図.IgG4関連疾患

診断

上述のように臓器によって多彩な症状を起こすため、初めは他の病気ではないかと考えられることが良くあります。普通の病気にしては少し違うな、といった印象から、医師がIgG4関連疾患を疑ってかかることが診断につながります。採血上の所見としては、抗ガンマグロブリン血症、好酸球増加、血清IgE高値があります。抗核抗体やリウマトイド因子は基本的には陰性ですが陽性になることもあります。ただし、他の膠原病などに特異的な自己抗体は陰性です。さらに、画像検査では、造影CTやMRIで病変を検索します。また、炎症のある部位が良く分かるガリウムシンチグラフィーというアイソトープ検査も行うことがあります。なお、保険適応はありませんが、全身の病変検索にはガリウムシンチグラフィーよりもPET-CTの方が有用であることが多いです。

診断は主に2011年に厚生労働省研究班によって作成されたIgG4関連疾患全体での診断基準を用いますが、近年、各臓器ごとの診断基準も作られつつあり、両方を用いて判断します。

全身疾患としてのIgG4関連疾患の包括診断基準

  1. 1つもしくは複数の臓器で腫れた部分がある
  2. 血液検査で血清IgG4の値が135 mg/dL以上である
  3. 病気の起きている臓器の一部を、針をさしたり手術をしたりして取り出し、顕微鏡で特徴的な細胞(IgG4陽性の形質細胞)が増えているか(IgG陽性細胞のうち40%超のIgG4陽性細胞 かつ 顕微鏡400倍拡大の視野に10個超のIgG4陽性細胞)を確認する

上記3つ全部を満たす場合を「確定例」と判断します。1と2、もしくは 1と3を満たす場合を「疑い例」と判断します。特に、3が重要で、がんを含め似たような症状を引き起こす疾患と、しっかり区別することが重要です。


治療

多くの患者さんはステロイドが良く効いて、2~4週間で症状がほとんど取れるケースが多いです。ステロイドは、プレドニゾロン(プレドニン®)を体重のkg数の半分程度の量(1日のmg数)を初期量として用います。初期量を2~4週継続した後、約2週毎に5mg程度ずつ減量していきます。ステロイドを徐々に減量していき最終的に中止してしまうと再発することもあるため、プレドニゾロン 5~10mg/日程度で継続することが多いです。急に薬をやめると悪化することがあるので、自己判断で中断しないように気をつけます。

一部に、ステロイドが効きにくかったり、ある一定以上減らせない患者さんもいて、そういった場合はアザチオプリン(イムラン®)やミコフェノール酸モフェチル(セルセプト®)などの免疫抑制剤が効くことがあると報告されています(残念ながら日本では本疾患に保険適応がありません)。

生活上の注意

まだ新しく見つかった病気ですので、どういった生活環境が病気に影響するのか、あまり分かっていません。治療のためステロイドを使用中の患者さんは、糖尿病や高血圧、脂質異常症、骨粗鬆症、緑内障・白内障が発症したり、悪化しやすくなることがあり、注意が必要です。また、感染症にかかりやすくなるなどの副作用がありますので、規則正しい食生活と適度な運動、そして体調が悪い時は早めに病院を受診する事が大切です。

慶應義塾大学病院での取り組み

当院では数十人の患者さんが通院されています。症状が多彩で、かつ他に似た症状を起こす病気が沢山あるため、どちらかというと診断しにくい病気ですが、大学病院という専門性を生かし、眼科や耳鼻咽喉科と連携して積極的に検査・治療を行っています。保険適応はなく自費にはなりますがPET-CTによる全身検索外部リンクが可能です。

さらに詳しく知りたい方へ

文責: リウマチ・膠原病内科外部リンク
最終更新日:2014年9月16日

▲ページトップへ

膠原病と免疫の病気

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院