音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 皮膚の病気 > 皮膚の腫瘍 > 血管肉腫(脈管肉腫)

血管肉腫(脈管肉腫)

けっかんにくしゅ(みゃくかんにくしゅ)

症状

血管もしくはリンパ管が悪性化したもので、皮膚とくに高齢者の頭に生じやすい腫瘍です(図1)。最初は青あざもしくは内出血斑のような発疹として始まり、拡大して大きな斑を形成したり、血豆のようなしこりをつくります。痛みや痒みといった症状は伴わないことが多いです。病変が複数生じることもあり、また増大すると容易に出血するようになります。リンパ節の手術後のむくみのある手足に生じることがあり、Stewart-Treves(スチュワート・トリーブス)症候群と呼ばれています。

図1.庭木で負った外傷後に生じ、血腫として治療されていた血管肉腫

図1.庭木で負った外傷後に生じ、血腫として治療されていた血管肉腫

診断

血管肉腫は多くの場合、皮膚科医が診ただけで見当がつきますが、ほとんどの場合は診断を確定するために生検を行います。血液を介して他の臓器に転移することがあり、特に肺に転移しやすい性質があります。そのため、診断後すみやかにCTなどの画像検査を行い、病気の広がりを確認します。

治療

外科的切除が第一選択ですが、病変の範囲によって手術以外の治療を選択することもあります。広範囲に病変が及ぶ場合には、電子線療法や化学療法を選択または併用します。また、日本国内ではインターロイキン-2が承認されており、局所投与、血管内投与による治療に用いられています。

生活上の注意

原因は明らかになっていませんが、外傷を契機に生じるとも言われています。頭部や顔面に消えない赤紫色の斑がある場合は、特に注意が必要です。また、リンパ浮腫に続発し生じることもあり、リンパ浮腫の治療とともに皮膚の状態を注意深くみる必要があります。

慶應義塾大学病院での取り組み

当科では、血管肉腫に対する外科的治療や放射線治療のほか、種々の化学療法が実施可能な体制で治療に取り組んでいます。パクリタキセル、ドセタキセル、ゲムシタビン、イホスファミド、アドリアシンが使用可能であり、患者さんの状態に合わせた最適な治療を提供できるようにしています。

文責: 皮膚科外部リンク
最終更新日:2017年3月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院